あなたが理解されないわけ - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

別所 諒
ビジョン・コンサルティング 別所諒 主宰
東京都
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
竹内 慎也
(営業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あなたが理解されないわけ

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
経営コンサルティング ビジネスモデル





「いいことをしていれば、やがていいことがある。」と考えている人が多い一方で、いいことをしているのに報われないと感じている人も多い。


毎度話すことだが、自分視点でモノを見ている限り、自分の評価が他人の評価と一致することはない。


そう。人間とは不条理な生き物だからだ。


美しいバラにはトゲがあることを教えてくれる人よりも、トゲに刺さって痛がっている時に「大丈夫?」と言ってくれる人に感謝する。




お店の対応に腹を立てた人よりも、「対応が悪いという話を聞いた人」の方がそのお店に寄り付かず、悪評を立てる。




人は必要性を感じないものの価値を理解できない割に、悪評には共感しやすいという特性がある。



昔、美術の先生が教えてくれた「美しいものの価値は人によって違うが、醜いものの評価は一定である」という話に符合する。




問題を事前に予防する話をするよりも、問題が起こったときにそばに寄り添う。そのことで、よい評判が立つ。




何とも性格の悪い話をしているように思われるかもしれないが、問題が起きそうだからといって、事前に「やめたほうがいい」と言っても聞く耳を持たれなかった経験は誰にでもあるだろう。




いいことをする人の多くのは、先が見えていて頭がいい。しかし、起こってもいない先の話を忠告しても「自分だけは大丈夫」と思っている人には通じない。


「いいこと」にはやるタイミングがあるのだ。



もしも、自分が理解されないと考えることがあるなら、相手とのタイミングを見直してみてはいかがだろうか。




優秀なマーケッターは、遠隔からこのような人間の心理を利用している。

いいことを仕事にしたいなら(お金をもらうという意味)、物事を離れて見る感性が必要だ。





どんなことにせよ、不平や不満がある人は、「自分がいる環境」との距離が近すぎると思うのだが、いかがだろうか?




「なぜ、ダイヤモンドをぶら下げたネコは、
ネズミにおならを吹っかけられたのか?」



このコラムに類似したコラム

新人セラピストは使命感に迷う 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/09/27 12:49)

断捨離とU理論 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/08/09 15:04)

マイナス思考バンザイ! 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/07/26 11:08)

知るよりも重要なこと 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/07/20 11:15)

仕事ができるけど、やっかいな上司というのがいる。 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/06/16 13:47)