仕事ができるけど、やっかいな上司というのがいる。 - 営業戦略・販売計画 - 専門家プロファイル

別所 諒
ビジョン・コンサルティング 別所諒 主宰
東京都
マーケティングプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:営業

村田 翔
村田 翔
(マーケティングプランナー)
水内 終一也
水内 終一也
(経営コンサルタント)
竹内 慎也
竹内 慎也
(営業コンサルタント)
別所 諒
(マーケティングプランナー)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

仕事ができるけど、やっかいな上司というのがいる。

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 営業
  3. 営業戦略・販売計画
経営コンサルティング ビジネスモデル



ひとつは、部下任せで基本的に何もしないタイプ。おっとりしていて、文句も言わないので、仕事をしたくない部下には都合がいい。社長の顔色を見るのはうまいので、問題をおさめる能力は高い。ただし、新しいことをしないので、積極的な部下には物足りないし、成長もさせられない。


ひとつは、よく働き何でも積極的で部下に指示を出す。弁も立ち、部下を論破するので、逆らえない。ただし、指示がいい加減でよくわからないので(本人はわかっている)、部下は何でも聞き返すか、やり直しが増える。このタイプはいつもイライラしているので、職場の雰囲気はよくない。


タイプは逆だが、双方に対応する方法は同じだったりする。



【先手を打つ】ということだ。


何もしないタイプの上司には、指示がなくても「これをやっていいですか?」と許可を得る。万が一失敗しても、このタイプは責任を回避する能力は高いので、この点は信頼できる。



指示を出しまくる上司は現場を混乱させるので、その前に「今日はこれとこれをやるのですが、他に何かありますか?」と朝いちで確認をする。で、途中の仕事が入ってきたら、現在これにかかっていますが、どっちが優先ですか?と確認をする。



積極上司の問題は、他人の都合を考えないことだが、悪気はない。むしろ、論理的に「こうですからできません。」「わかる指示をお願いします。」なんて言う方が機嫌を損ねる。
(このタイプのペースに巻き込まれると体を壊す:(笑))



ので、「●●さん(積極上司)のスピードはすごいですね。」とほめつつ、「期待に添えるようにがんばりますので」と日ごろからご機嫌をうかがっておく。

ただし、やりすぎると、他の同僚から白い目で見られるので、あくまで現場を守るためであることは周囲に伝える必要がある。


ということで、新しいことをやりながら部下を成長させてくれる上司というのは案外と少ない。指導するべき時はする、ほめるべきはほめる、引き時は引く。当たり前のようだが、簡単ではないようだ。



結局のところ、自分の身は自分で守ることが大切であり、自分の成長も自分で意識を持たないといけないということだ←これが仕事ができる人なり。



このコラムに類似したコラム

新人セラピストは使命感に迷う 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/09/27 12:49)

断捨離とU理論 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/08/09 15:04)

起業家とサラリーマンはどっちがえらい? 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/07/13 13:49)

あなたが理解されないわけ 別所 諒 - マーケティングプランナー(2012/07/04 18:12)

注目!法人営業のあなた!10人中4人の社長が喜んで会ってくれる極秘ネタ発表! 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2015/09/01 17:06)