任意売却の失敗例ー2(法律事務所へ依頼) - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

任意売却の失敗例ー2(法律事務所へ依頼)

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

任意売却の失敗例ー2(法律事務所へ依頼)

一般の方は
住宅ローン破産問題の相談となると
はじめに思いつかれるのが
法律事務所や法務事務所の
弁護士さんや司法書士さんです。

消費者金融やクレジット、
その他の住宅ローン以外の借金問題なら
法律事務所や法務事務所の
弁護士さんや司法書士さんで
間違いではありません。

しかし、
住宅ローン破産問題は、
任意売却専門の不動産会社に
相談するのが一番です。

先日の相談の
神奈川県横須賀市の方の相談例です。
その方は住宅ローンが返せなくなり
ある法律事務所の弁護士さんへ相談に行きました。
するとすぐさま自己破産を勧められ
そのまま手続きを依頼してしまうことになりました。
住宅ローン以外の債務はありませんから
自己破産しなくてもよかったのですが、、、

そうなると、
この神奈川県横須賀市の方のに
今まで来ていた債権者からの催促書などの
通知や電話は一切来なくなり、
弁護人に行くようになります。
債権者としては、たとえ自己破産しようが
担保に取っているマンションを
できれば任意で処分してもらい
返済に充てて欲しいのです。
債権者としては当然、
競売より任意売却にして欲しいのです。
そのほうが回収が多くなる可能性がありますから、、、

そのような理由から、
債権者の担当者は
弁護士さんには再三再四任意売却を
お願いしていたようですが、
そのことを債務者に伝えていなかったようです。

そんな状況の最中に
この神奈川県横須賀市の方としては不安になり、
インターネットで任意売却のことを知り
任意売却推進センターへ
相談にお見えになりました。

早速、任意売却の説明をして
専任媒介契約書にサインしていただき
その場から債権者に電話してみると

債権者の言
「その案件なら、競売手続きに入っています
再三再四、任意売却の連絡をしていたが
まったく誠意が感じられません。
折り返しの連絡さえいただいていません。
社内では競売で進めることに決定してますので
任意売却は受けられません」
という回答でした????

この神奈川県横須賀市の方の
ケースは担当の弁護士さんにとっては
弁護士業務以外の任意売却には関心がなく
ほおって置かれたのでしょう。
実際に債権額より、
売却できるであろう価格が著しく低い場合は
管財事件にすることなく
自己販産は認められます。
ほおって置いても弁護士業務としては
なんら問題はありません。

この神奈川県横須賀市の方は
わたしとの面談の後、
この弁護士さんのことを
「とんでもない人だ」
と憤慨しておられましたが
この先生は何も間違ったことはしていません。
親切ではありませんが。 
この神奈川県横須賀市の方が
相談先を間違えただけなのです。

このように相談先を間違えると
後戻りできなくなります。

住宅ローン問題の解決は
まずは任意売却専門の不動産会社へ
任意売却した上で、
どうしても自己破産したいなら、
任意売却してからでも十分可能です。


このコラムに類似したコラム

仕事にならない仕事は仕事じゃない? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/02/21 08:21)

住宅ローン問題だけなら自己破産をすることはありません。 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/12/24 10:21)

神奈川県藤沢市の任意売却 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/28 22:55)

東京都世田谷区の身内間売買 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/27 17:41)