事件・事故・自殺物件の処分 - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年04月27日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

事件・事故・自殺物件の処分

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

任意売却推進センターは
任意売却専門の不動産業者として
営業しています。

しかし、
任意売却しなければならないような
状況に陥っている物件は、
以下のような簡単には売却できない
状況になっているケースがあります。

所有者が行方不明で思うように処分できない。

税金の滞納で差押えられ売却できない。

マンションの滞納管理費が高額で売るに売れない。

家具などの残置物や遺品なども残した状態で処分したい。

共有者が売却に応じてくれない。

事件・事故物件。

はじめは人の不幸を商売にしているようで、
お断りしていたのですが、
任意売却を専業としていると
どうしてもこのような
事故物件などの相談はつきものです。

せっかくご縁があって任意売却推進センターへ
相談していただいたのに。
任意売却推進センターでお断りしてしまうと
どこへ相談していいのか?
困ってしまいます。
住宅ローン破綻問題の解決には
事件・事故・自殺物件は
ついてまわるものです。

処分することさえ出来れば
忘れたい事情とも
決別することができるのです。
また、眠ったままになっている
不動産を再生し、
有効活用することは、
社会にとっても望ましいことです。

自殺・他殺・事故死・焼死・孤独死・
発見が遅れた病死・その他の事件や事故
などがあった不動産は
「心理的瑕疵物件」と呼ばれ、
一般の消費者には
なかなか売却しづらいものです。
重要告知事項として、
売買契約の前に必ず告知しなければならず、
大半の消費者からは敬遠されます。

また、
これらの事実を隠したままで売却をすれば、
「重要事項告知義務違反」として、
売主自身が法的な責任を
問われることにもなります。
わたしは、このような
「事件・事故・瑕疵不動産」の
売却の相談も承っています。
法的に問題のない形にして蘇らせて、
再生、再活用を図っていきます。


このコラムに類似したコラム

任意売却にかかる経費は無料なの? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/01/19 10:51)

任意売却では必ずしも高い査定がいいわけではない 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/12/13 08:40)

離婚と減収による住宅ローン破産 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/09/06 08:32)

債権者が11社もある任意売却 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/22 06:05)

滞納管理費・滞納修繕積立金や滞納税は高額になると任意売却できない可能性も 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/17 17:46)