任意売却にかかる経費は無料なの? - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

任意売却にかかる経費は無料なの?

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却


任意売却にかかる費用は
基本的には無料ではありませんが、
住宅ローン破綻者は金銭的に困窮していますので
債権者は売却代金の中から捻出してくれます。

このことは
任意売却とは売却した売却代金を返済することですから
その分は返済が少なくなることを意味します。

では任意売却にかかる費用には
どのようなものがあるのでしょか?

1仲介手数料
2抵当権抹消費用
3滞納管理費・修繕積立金
4滞納税金処分による差押
5差押解除・競売の取り下げ
6残留物撤去費用

1仲介手数料
任意売却も通常売買同様仲介手数料が必要になります。
売買価格の3%+6万円の消費税です。
仲介料が支払われなければ売却活動をしてくれる
不動産業者はいませんから、
債権者は売却代金の中から捻出してくれます。

2抵当権抹消費用
任意売却の場合は必ず抵当権が設定されています。
この他人の抵当権が解除されなければ購入者はいませんので
債権者は売却代金の中から捻出してくれます。

3滞納管理費・修繕積立金
滞納管理費・修繕積立金は全額支払われなければ
購入者はいませんので
債権者は売却代金の中から捻出してくれます。

4滞納税金処分による差押
滞納税金処分による差押がある場合は
購入者はいませんので
債権者は売却代金の中から捻出してくれます。

5差押解除・競売の取り下げ
競売にかけられていても債権者が認めれば
任意売却は出来ます。
差押解除・競売の取り下げをしなければ
購入者はいませんので
債権者は売却代金の中から捻出してくれます。

6残留物撤去費用
ごみ屋敷になっていたり、
業者を頼まないと処分できないようなものが
建物や宅地内に残っている場合は、
その処分費用は債権者は売却代金の中から捻出してくれます。

ここに上げました費用やその他の費用については
債権者によってまちまちですので
事前に確認する必要があります。




このコラムに類似したコラム

任意売却に必要な情報や書類は? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/12/15 06:14)

事件・事故・自殺物件の処分 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/05/14 22:11)

風邪をひいたのに眼科へ? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/03 11:44)

任意売却に必要な書類 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/03/19 08:11)

仕事にならない仕事は仕事じゃない? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/02/21 08:21)