「パン・ド・ロデヴの会」のお昼ご飯編 - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「パン・ド・ロデヴの会」のお昼ご飯編

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室




当日はパンの仕込みが朝6時スタートなので、私は5:40に教室到着。
「よし、今年こそは!」と思ったら、振り返ればそこには仁瓶さんが・・。
また今年もお待たせしてしまいました。負けた、というか・・・。




まずはランチボックス用の野菜の準備から。




先週仕込んだセロリとパプリカのピクルスも登場




チーズはフェルミエのボーフォール・ダルパージュbeaufort d'arpage
放牧で育った牛のお乳から、夏の山小屋で作られるボーフォールのアルパージュは最上等品。ぎゅっと濃縮観があり、さすがに最上等の味。

もうひとつ

おなじくフェルミエのクロミエcoulommier ブリー地方の牛乳のチーズです。ほどよくとろけ、こちらも奥行きのある相当においしいもの。



昨日仕込んだ鶏と粒マスタードのテリーヌ


昨日どろんどろんだったリエットは、繊維をほぐし、溶けない脂をのぞき、溶けた脂をペースト状になるまで混ぜて完成。ラムカンに詰めて、一晩。


先週に仕込んだジャムは「柚子」と「いちご&フランボワーズ」、そしてオレンジの花の蜂蜜



ちょっとお弁当工場に勤めた気分。

パーツが組み上がって行くとどんどん、楽しくなってきます。



ワインは、ロデヴがあるラングドック地方のものばかりを集めてみました。抜栓して、待機。



今回唯一の温かいものであるスープは、白インゲン、キャベツ、鴨のコンフィ、ベーコンを使ったガルビュールです。1鍋12人分で4鍋作り、4階に運び込みます。熱々にして召し上がってほしいので、直前に。




マキシマムに、仁瓶さんのリュスティックとロデヴをみなさんに楽しんでいただけますように!



(本日も写真はほとんど田嶋哲さん提供)

このコラムに類似したコラム

シナモンロール講座で 塚本 有紀 - 料理講師(2013/09/16 22:09)

お酒と仲良く。 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/11/28 11:56)

パンのマウス 「フェルダーシェフ」番外編 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/11 23:35)

ストック 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/08/27 15:40)

素晴らしい「出逢いとご縁」に恵まれましたりもんちぇーろ 坂本 孝子 - 料理講師(2013/07/24 15:40)