競売で落札されると居座ることは出来ません、最後は強制退去に… - 住宅・不動産トラブル全般 - 専門家プロファイル

木原 洋一
株式会社ライビックス住販 代表取締役社長
不動産コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2017年05月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

競売で落札されると居座ることは出来ません、最後は強制退去に…

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産トラブル全般
任意売却

わたしには
「担保不動産競売開始決定通知が
届きました。任意売却は出来ますか?」
というような競売にかけられてから 
の相談も多くあります。
もちろん競売にかけられてからでも
任意売却は可能ですが、
売却期間が開札の前日まで
(住宅金融支援機構 旧住宅金融公庫
の場合は原則入札の前日まで)
しかありませんから
急がなくてはなりません。

では?
競売にかかけられると
どのくらいの期間、
任意売却できるのでしょうか?

通常の競売のタイムスケジュールは
「担保不動産開始決定通知」
が届き競売がスタートします。
↓約1ヶ月

執行官と鑑定評価人が建物立ち入り調査

↓約2ヶ月

基準価格決定

↓約2ヶ月

入札期日決定

↓約1ヶ月

落札

都合約6ヶ月後には立ち退くことになります。
仮に任意売却できなかったとしても
落札者が入札金額の全額を支払わない限りは
所有権は移転しませんので
それまでは住んでいられます。

しかし、
落札者が代金の払い込みをした後は
速やかに退去するよう迫られます。
それに応じなければ
落札者は明渡訴訟明渡命令
により強制退去の執行をできるようになります。


競売にかけられる前に
任意売却するほうが時間的にも
近所の手前的にもいいのですが
任意売却という方法を知らなければ
任意売却しようがありません。

身内や知り合いの方で
競売通知が来たとか
住宅ローン問題で悩んでいる方がいたら
任意売却という方法をお知らせください!!!



このコラムに類似したコラム

住宅ローンの「無理」な支払い 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2012/11/19 13:41)

任意売却はどうして無料でできるのですか? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/04/04 07:36)

任意売却の費用について 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/03/12 08:10)

任意売却のメリットとは? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/03/01 08:06)

無担保債権は債務者のほうが強い? 木原 洋一 - 不動産コンサルタント(2013/02/26 12:16)