色彩検定3級 次は問題を解いてみよう-6- - イメージコンサルティング全般 - 専門家プロファイル

安田 紀子
nrk color circle 
神奈川県
カラーコーディネーター
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

色彩検定3級 次は問題を解いてみよう-6-

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. イメージコンサルティング全般
色彩心理・配色

実際に練習問題を解き始めてみていかがですか?
問題の数をこなすことで自然と重要な用語も覚えていきます。
テキストを読むだけでなく、積極的に練習問題にも取り組みましょう。


問5:解答


(1):Y
(2):B
(3):C
(4):R
(5):M
(6):G


加法混色はPCモニタやTV、減法混色はプリンターのインクなどでお馴染みだと思います。
「スーラ」の名前はよく出てきますので覚えておきましょう。
また、加法混色にはいくつかの種類があります。ごちゃごちゃにならないように。


用語


8.加法混色の三原色:R(レッド)・B(ブルー)・G(グリーン)の3色のこと。加法混色のもとになる色(原色)で、この3色だけは混色によって作ることができない。すべてを混合すると白になる。色光の三原色。
9.減法混色の三原色:C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)の3色のこと。すべてを重ねると黒になる。色料の三原色。


では、今回の問題です。


問6:空欄(A)~(E)に当てはまる語句を、解答用紙に記入しなさい。ただし、2.の(E)は数字を記入すること。


1.有彩色は純色・(A)・(B)・(C)に分類でき、(A)と(B)をまとめて(D)と呼び、(C)は別名(E)とも呼ばれます。
2.表色系とは、色を分類、(A)、(B)、(C)するための基準となる(D)体系のことであり、色を数値や記号を使って表すための基本となります。表色系には大きく分けて(E)種類の体系があります。



ライブカレッジ:http://livecollege.jp/index.php
HP:http://www.ne.jp/asahi/nrk/color-circle/

このコラムに類似したコラム

色彩検定3級 じゃ、テーマを絞って学ぼうか-4- 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2012/03/29 23:27)

色彩検定3級 じゃ、テーマを絞って学ぼうか-1- 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2012/03/26 12:29)

色彩検定3級 次は問題を解いてみよう-14- 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2012/03/16 11:48)

色彩検定2級 次は問題を解いてみよう-12- 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2012/03/16 11:50)

色彩検定2級 次は問題を解いてみよう-11- 安田 紀子 - カラーコーディネーター(2012/03/14 22:43)