青木さんのどら焼き サロン・テュ・ショコラで - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

塚本 有紀
塚本 有紀
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
(料理講師)
猪名川 久美子
(テーブルコーディネーター)

閲覧数順 2017年10月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

青木さんのどら焼き サロン・テュ・ショコラで

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


先週、大阪伊勢丹のサロン・ド・ショコラに寄ってみました。
ぐるっと見ていると、パティスリーサダハル・アオキでは、抹茶のどら焼きを焼いています。
どら焼きとマカロンだなんて! うふふ・・。おかしくなってしまいます。

「中にはマカロンが入っていて、ぐにゅっと中のガナッシュが溶けるのですよ。温かいうちにぜひ!」
と、売り子さん。つい、買ってしまいました。



この日じつは買いたかったのは、セバスチャン・ブイエSebastien Bouilletの口紅の形をしたチョコレート。でも立ち寄った時間が遅かったので、もうありません。そこでボンボンの詰め合わせにしてみました。
パプアジー(左下)とパレ・アルジャン(右下)は、ともに70%のチョコレートを使ったガナッシュ入りです。
とてもなめらか、コーティングもほどよく薄くて、心地よい溶け具合です。
ガナッシュからは少し癖のある香りがします。お酒由来ではなくて、たぶん純粋にチョコレートの持つ個性なのだと思います。こういうチョコを食べると、「高いお金を出した価値があった!」と思います。
私はブイエさんのポップさ加減が好きです。東京にもお店があるよう(まだ行ったことがありません)。



エルセイボELceiboのチョコレートを頂きました。ボリヴィアのチョコレートです。
最近とみにご活躍のチョコレート鑑定家クロエ・ドゥートレ・ルーセルさんとのコラボなのだそう。
75%のタブレットは、口に含んだ瞬間赤い果物fruit rougeを感じます。そしてすぐ後に強い酸味を感じるのですが、そのまますっとお醤油の風味に! 強い個性です。
「えぇぇ、お醤油?」とお思いでしょう。でも本当です。しかも、瓶を開けたてのお醤油の香りがします。
これはスタッフ久我もまったく同意見なのです(私は断じて誘導していません)。
もう一つの「カカオニブとウユニ湖の塩」入りは、これまたとても面白く、後ひく味わいです(とても、とてもおいしい)。
ともに万人受けするとは思いませんが、食べ慣れている人にはきっと非常に魅力のある味わいです。他にもいろいろ食べてみたいと思わされます。



さてこちらもバレンタインの贈り物に頂戴しました。うふふ。

クリスチャン・カンプリニChiristian Campriniさんのチョコレート。プロヴァンスに本拠のあるMOFの方なのだそう。
なんて端正な佇まいなのでしょう。ずっと眺めていたい気持ち(と言いつつ、速攻口の中に)。
ビターオレンジのジュレとガナッシュの組み合わせのチョコレートが多く、その鮮烈な香りからは
「南の味がする!」。
みなさんと分け分けしていただけて、よいバレンタインでした!



さて、どら焼き。
うふふふふ、な味わい! おいしかったです。

このコラムに類似したコラム

ゼラチンの実験 塚本 有紀 - 料理講師(2013/08/23 23:34)

パリデート 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/05/16 14:24)

メロンパン講座 辻ウエルネスクッキングスクールにて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/04/27 22:34)

4月の製菓基礎講座のご案内 塚本 有紀 - 料理講師(2013/04/07 21:48)

アンズのタルトレット 3月基礎クラスのお菓子 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/03/06 20:04)