体をねじったまま動作すると、サブラクセーションの原因に - 体の不調・各部の痛み全般 - 専門家プロファイル

しあわせ家族の安心カイロプラクティック KCSセンター 院長
神奈川県
WHO基準カイロプラクター 健康科学博士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:体の不調・各部の痛み

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

体をねじったまま動作すると、サブラクセーションの原因に

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 体の不調・各部の痛み
  3. 体の不調・各部の痛み全般
健康せぼね知識

体をねじったまま動作すると、サブラクセーションの原因になりやすい。

それ以外にもサブラクセーションは普段の姿勢、仕事の特殊な負担や事故や衝撃によって起きる。
これらを総じて「身体的ストレス」という。

この「身体的ストレス」以外の要素としては、「精神的ストレス」と薬物や栄養の偏りなどの「化学的ストレス」がサブラクセーションの原因とされている。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / WHO基準カイロプラクター 健康科学博士)
しあわせ家族の安心カイロプラクティック KCSセンター 院長

「腰痛」「肩こり」「姿勢矯正」背骨のゆがみはおまかせ下さい!

約5万人17年間の臨床実績から、腰や肩だけでなく「姿勢」全体を改善することで再発しない身体づくりを重視しています。姿勢矯正エクササイズも好評。企業の健康管理や福利厚生、モデルや芸能人の美姿勢もサポート。小中学校での姿勢教育にも協力しています。

カテゴリ 「健康せぼね知識」のコラム

本当に正しい通院頻度(2017/01/06 21:01)

このコラムに類似したコラム

目つきでわかる心と体 木村 和夫 - 鍼灸師(2012/11/02 17:50)

片側に体重をかけて立つのは・・・ 井元 雄一 - WHO基準カイロプラクター 健康科学博士(2012/03/18 08:00)

枕は、頭にするものではなくて首にするもの。 井元 雄一 - WHO基準カイロプラクター 健康科学博士(2011/10/23 08:00)

椅子から立ち上がるときの腰痛 岩崎 久弥 - カイロプラクター(2010/06/04 12:00)

「身体のゆがみ」をくわしくチェックするには? 川井 太郎 - 整体師/あん摩マッサージ指圧師(2010/11/08 22:13)