2040年問題① - 経営コンサルティング全般 - 専門家プロファイル

株式会社アースソリューション 代表取締役
東京都
経営コンサルタント
03-5858-9916
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:経営コンサルティング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

こんにちは!株式会社アースソリューションの寺崎でございます。


今回は介護における「2040年問題」について取り上げたいと思います。


前回2018年、その前の2015年の改定では「2025年問題」が取り上げられました。

これは、「団塊の世代が後期高齢者に突入する」ことを意味し、高齢者急増が大いに予想されることから、それに備えなくてはならないと言われていました。


今年は2020年。まだ5年ありますが、2025年問題については消費増税をしたことで、一応の目星をつけたと言われています。

消費増税は2013年に成立した「社会保障と税の一体改革関連法案」において、消費税は社会保障に全額使われることを条件に増税をした、という格好です。2度の延期がありましたが、2019年10月に増税がスタートし、一定の道筋が立ったと見ています(そんな中で、新型コロナの問題が発生してしまいましたが)。


2025年問題がひと段落(?)したあとは、「2040年問題」です。


人口ピラミッドによれば、2010年の団塊ジュニア世代(1971年~74年)の人口が約886万人となっています。この年代は今40代後半で、今の日本経済の屋台骨を支える年代です。


この方たちが65歳以上となるのが、2040年。

人口は確実に減っています。いわゆる現役世代(働き手)が減ってくる中で、高齢者はますます増える。

ですので、少ない現役世代で多くの高齢者を支えていく、こんな世の中になっていうというわけです。おれは、前々から言われていることであります。


団塊ジュニア世代が高齢者となっていくだけでなく、もっとすごいのが85歳以上高齢者が1千万人時代になる、ということ。この年代は特に介護ニーズが高く、老人ホームに入居する方の平均年齢は85歳前後と言われています。


2025年問題など目じゃない位、大きな大きな問題です。


これは、介護の担い手を真剣に増やしていかなくては、絶対に成り立っていきません。


この続きは、次回。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 経営コンサルタント)
株式会社アースソリューション 代表取締役

介護事業所の開設から運営まで、オールワンでお手伝いいたします

有料老人ホーム施設長・訪問・通所介護管理者・老健相談員、事業所開発等の経験を活かし、2007年7月に弊社を設立しました。介護施設紹介サービスをはじめ、在宅・施設介護事業所の開設・運営支援・実地指導対策支援を行っております。

03-5858-9916
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

地域包括支援センターの今後の役割について① 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2020/05/18 08:00)

今後の介護保険制度のキーワード 寺崎 芳紀 - 経営コンサルタント(2020/05/08 08:00)

社長ご存知ですか?マイナンバー制度は会社のリスクです! 本森 幸次 - ファイナンシャルプランナー(2015/02/14 21:18)