製造物責任法研修・PL法セミナー(講習会)パート2 - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2019年03月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

製造物責任法研修・PL法セミナー(講習会)パート2

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
日常を哲学する

パート2としてやるべきこと

製造物責任法の研修(またはPL法セミナーや講習会)では皆さん、法的概念の理解やそこから派生するリスクなど学んでいます。


でも、それだけではいけません。パート2として次にやるべきテーマがあります。
ものすごくベタで、ものすごく直截的なことです。


それは、人として必要な「道徳教育です。


PL法が指し示す精神は「責任の全(まっと)う」
大事なのは、“全(まっと)うの仕方”です。


すなわち、
 (1) そもそも、相手ユーザー)を考えて仕事をしていたか?
 (2) 自社の論理をいつの間にか押しつけていなかったか?


【このような「相手目線」があって、はじめて責任が全(まっと)うされ、このような「相手目線」があって、はじめて事故を予防できる】。


責任を全(まっと)うする、とはそういうこと。
こういう枠組みがありますが気をつけましょうね、とか、何かあったらこれで賠償して終わり、ではありません。


製造物責任法研修・PL法セミナー(講習会)パート2としてやるべきこと。
それは、人として必要な道徳教育です。


人として必要な道徳を学ばなかったら、学んだ場合と比べ、責任を全(まっと)うする程度(或いは)が格段に下がります

それを望む企業はなく、それを望むユーザーもいません。

さあ、法的学習の後に 「道徳教育」を行いましょう。
 

中沢 努

(無断転載や無断複製禁止)

※ これは、弊社が行っている教育やコンサルティング で実際に使用しているものです。
(クリックで別サイトが開きます)


コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ 、http://pensee-cmp.com/

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

カテゴリ 「日常を哲学する」のコラム

コンプライアンスとは?(2019/03/15 14:03)

このコラムに類似したコラム

コンプライアンス指導者に必要な「知識」と「理解」 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2019/01/29 10:46)

コンプライアンス アラカルト研修のメニュー 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2018/12/10 16:17)

研修効果を上げるノウハウ 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2018/12/07 12:36)

飲酒問題を防ぐには 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2018/12/04 18:22)

社内講師、コンプライアンス研修で何を話したらいい? 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2018/11/30 14:32)