夏の最大の敵「下よりも横に垂れるヒップ」 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

林田 玲子
(ダイエットカウンセラー)
大園 エリカ
(クラシックバレエ教師・振付家)

閲覧数順 2017年12月11日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

夏の最大の敵「下よりも横に垂れるヒップ」

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

こんにちは!
モデルボディメイクトレーナーの
佐久間健一です。


一年で一番の薄着の時期。
ファッションの楽しみにも
直接的に左右するヒップの悩み。

ヒップ下がる、サイズが大きい
の悩みとは感覚的なもので、
実際にはほとんどが
横に垂れる」ことで
そのサイズ感を作り出しています。



下よりも横に垂れる悩み
この見た目に良く現れるのは
腰幅が横に広く下半身太り
脚が短く見えてしまう
ヒップが左右に垂れると
必然的にこれらの悩みが出てきます。


では、なぜヒップが横に垂れるのか?
これは年々最も衰えが早い
股関節の捻じれの機能低下が原因。

ヒップ自体が股関節の内外捻じれ
両方に関わるため、
年々減る姿勢やねじれの筋肉量に対して、
運動や日常でメインとなる
前と横の動きだけでは
バランスが悪くなってしまいます。。





ヒップのたれにヒップエクササイズ、、
垂れる=筋力低下→筋トレ!
この流れが通常の考えになる中、
得られる結果は
サイズアップして上に上がる、、

垂れは改善されても、
位置が上がるだけでは根本の
オシャレや薄着に対しての悩みはそのまま。

しかしながら、垂れてないだけいいか、
と妥協点とみられることが多い事実。
理想は
サイズを小さく、立体感を持たせる
その上で位置を高く保つ
これは忘れてはいけない点になります。





ヒップの根本的な変え方
体脂肪は関節の動きが少ない部位に付く
ことを踏まえても、
年々横に広がるヒップは
股関節の捻じれと姿勢の筋肉の低下が原因

ヒップ自体は日常でも刺激されるため
直接刺激をするとサイズアップ。
というのが自然に得られること。


先のサイズ感、形、位置の変化を出すこと。
ここに重点を置くモデルヒップの観点では
日常でのヒップへの適切な刺激
ファッションに選ばれないヒップ
が必要条件となります。

横垂れヒップの解消手順

仰向けになり両膝を曲げます。


片方の脚を組み、
組んだ側の膝を
できる限り外に開きます。
(スタート姿勢)


乗せていない側の脚メインで
脚を地面から浮かせます。

出来る限り胸の方に近づけ
3秒キープ。スタートに戻り
10回目安に行いましょう。
反対も同様です。

脚を組み外に開く
股関節に外ねじれの動き
引き出されます。

衰えの早い姿勢の筋肉から
最も影響を受けるのが外ねじり。
ここの柔軟性を最優先に上げることが
ヒップを変える最優先事項になります。

ヒップを浮かせる
→股関節が捻じが少ないと
歩く時等の日常で
ヒップが働きが少なくなります。

この動作は日常の筋肉の使われ方に
似た筋肉の動作になり、
股関節が大きく働よう変化していきます。

これらによって
ヒップが横に広がる原因が取り除かれ
ヒップの位置、形が変わる刺激
日常で得られる流れを
作ることに繋がります。


一番気になるのはヒップ、、
そして一番変わらないのもヒップ、、

なあなたはご参考にしてください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
0から学ぶダイエット資格取得講座
1人の時も不安にならない。
〜ほっとできる強みの知識〜

○痩せよう!と思ったら誰よりも早く痩せられる
○時、場所を選ばず痩せられる!
○食事の場で無意識に痩せる食べ方が出来る



(↓クリック)
【NY,Paris認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「夏のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容の一部をSNS公開


(↓クリック)
夏の!モデル体型ボディメイクダイエット




【2カ月で40万部突破!】
ジムに通えない43都道府県のあなたへ。
モデルが秘密にしたがる
体幹リセットダイエット



(クリック↓)
詳しい書籍内容はこちら


 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

横から見たら膨張 「下腹×ヒップの下半身太り」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/09/06 15:00)

痩せても皮がしぼむ、二の腕周り 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/27 15:00)

「背中ポッチャリ、の若返り」2つのポイント 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/21 13:00)

35歳から「痩せる=下半身痩せ」にならない原因 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/19 16:00)

二の腕?これどこ?胸と腕の間の脂肪の減らし方 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/15 18:00)