肉、卵、乳製品、魚もダメ。なあなたの痩せ方 - ファッションとダイエット - 専門家プロファイル

ボディメイクスタジオCharmBody 代表
東京都
ボディメイクトレーナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ダイエット

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

肉、卵、乳製品、魚もダメ。なあなたの痩せ方

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. ファッションとダイエット

こんにちは!
モデルボディメイクトレーナーの
佐久間健一です。


肉、卵、乳製品、魚がダメな
単純な好き嫌いからアレルギーまで。

ダイエットにはたんぱく質が必要!
と言われても取り込めない。。

残されるのは大豆系たんぱく質。
しかし、単に摂るだけでは変わりません。
大豆には大豆の特性を掴み
痩せる食べ方に変え
摂り込むこと
が必要となります。



たんぱく質であり、太る原因にもなる、、
ヘルシー!美容!に良いと思われる
大豆系のたんぱく質。

もちろん栄養価が高く、
女性ホルモンの分泌も高める証明もされ
重宝される食べ物です。

しかしながら、日々大豆中心!
としていても、太ってしまう。。
そんな女性がいるのもまた事実。
そこには、大豆特有の
たんぱく質の吸収の悪さ
脂質が偏りすぎ
によるカロリーに対して、
たんぱく質不足、脂質過剰が起こってしまう
ことが原因となります。





健康には万能!でもダイエットでは??
ダイエットに対しての大豆は
重量に対してカロリーが低い!
たんぱく質の吸収率が卵の4割以下
体に丸みを出す女性ホルモンが増える
何を食べるにもそうですが、
このような善し悪しがあります。

そのため、シンプルに毎食大豆!
としていても、メリットもデメリットも
同時に起こってしまい、
結果として体に丸みが増してしまう。
となりがち。。


ダイエットとは、言い方を変えると
一時、良い意味で栄養不足にすること。
そのために、このデメリットをなくしていく
工夫が必要となります。






毎食たんぱく質!が痩せない原因に!
ダイエットにデメリットとなってしまう
量に対してたんぱく質の吸収の悪さ
植物性の脂質への偏り
体に丸みを出すホルモンの増加

もちろん、言い方を変えれば
健康に!ホルモン分泌も多く潤いに!
とも言えますが、
あくまで、痩せる!の観点から見ると
このようなデメリットも見られます。

簡単な改善点としては、
次の2点の食べ方の注意が必要となります。


食べる回数を減らす
→食事の回数が3回の場合、
4〜5回に増やし、大豆を食べる機会を
2回に減らす。


内臓の消化吸収による
カロリー消費は増やしつつ、
大豆による丸みを増やすホルモンの
分泌を減らしていきます。


必須な油を別に摂る
→オリーブオイル、キャノーラ油等
大豆油と異なる脂質を取り入れること。

偏りがちな大豆油では、
脂肪を減らす、基礎代謝を増やすホルモンを
作ることに制限が出てしまいます。

目安は1日の食事の25%が脂質。
その内、60%が大豆以外の油であることが
痩せのホルモン分泌に必要な比率になります。


野菜や、糖質でも
ある程度のたんぱく質が含まれ、
たんぱく質不足!
になることはほぼありません。


逆に不足しがちな
脂肪を減らすホルモンと
基礎代謝を増やすホルモン。

ここに焦点を当てることで
他を食べられない、のデメリットを無くして
痩せていくことができます。



分かってても好き嫌い、食べられないことで
うまく取り入れられず痩せられない、、

あなたはご参考にしてください。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~
0から学ぶダイエット資格取得講座
1人の時も不安にならない。
〜ほっとできる強みの知識〜

○痩せよう!と思ったら誰よりも早く痩せられる
○時、場所を選ばず痩せられる!
○食事の場で無意識に痩せる食べ方が出来る



(↓クリック)
【NY,Paris認定 ダイエット専門
「オフィシャルモデルダイエット講座」】




1日5件のショックな質問…
「モデルじゃなくても受けられますか?」
【当たり前です!】
「夏のモデル体型ボディメイクダイエット」

3ヶ月の体型のビフォーアフター
↓40代主婦1カ月弱で-17㎏(テレビでも続々証明!)



↓30代OLのダイエット


〇食事内容の一部をSNS公開


(↓クリック)
夏の!モデル体型ボディメイクダイエット




【1カ月で25万部突破!】
ジムに通えない43都道府県のあなたへ。
モデルが秘密にしたがる
体幹リセットダイエット



(クリック↓)
詳しい書籍内容はこちら

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ボディメイクトレーナー)
ボディメイクスタジオCharmBody 代表

モデルボディメイク

2016ミスユニバースジャパン日本代表公式コーチ2016ミスユニバースジャパン日本大会BC講師。元ミスワールド日本代表ボディメイクトレーナー2016ミスインターナショナル世界大会公式パートナー

このコラムに類似したコラム

「腰痛×太もも外の張り」同時に感じたら? 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/14 17:00)

0から覚える!「夏の夜の食欲の止め方」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/12 14:00)

夏特有!お腹は痩せても「目立ち出す下腹」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/08/07 15:00)

姿勢を良く!「意識するほど横に太る」 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/07/06 14:00)

パーソナルトレーナー!と 自分が誇りに思うことも、 佐久間 健一 - ボディメイクトレーナー(2017/05/25 15:00)