内巻き肩予防のエクササイズ - スポーツトレーニング - 専門家プロファイル

Lycka till 
東京都
スポーツトレーナー
090-3515-7384
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:スポーツ指導・トレーニング

石原 康至
石原 康至
(スポーツインストラクター)
石原 康至
石原 康至
(スポーツインストラクター)
渡邊 亜紀子
(スポーツトレーナー)

閲覧数順 2017年03月24日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

内巻き肩予防のエクササイズ

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. スポーツ指導・トレーニング
  3. スポーツトレーニング

自由が丘スウェディッシュマッサージ&ストレッチサロン『Lycka till』の渡邊亜紀子です。

今回は最近話題の『内巻き肩』についての記事です。内巻き肩とは、肩が内側に巻いている(入っている)という肩のことです。

内巻き肩かどうかを簡単に知るにはリラックスした姿勢で立ちます。両手はどの位置にあるでしょうか?

理想は真横から見て耳→肩→中指→太腿の真ん中と揃うことですが、だいたいの場合はズレています。そんなに美しい姿勢の人はあまりいません^^;

肩の位置はどこにあるでしょうか?耳よりかなり前にあれば、内巻き肩の可能性があります。

それから手の甲はどちらを向いているでしょうか?身体に沿って真横を向いていますか?それとも手の甲は前を向いていますか?

実は手の甲が前を向いていると、手の捻れが原因で内巻き肩になっている可能性は高いです。

パソコンやスマホを使うことが多い人は、特に捻れていることが多いです。もちろん料理する機会の多い人なども、捻れる動作が多いので捻れてることは多いです。ただパソコンやスマホは何か重い物を持ったり、激しい動きがあるわけではないので、捻れていることに気付きにくいです。



さて今回のエクササイズですが内巻き肩予防を捻れから予防しようというものです。このエクササイズを行なったからといって、すぐに内巻き肩がよくなるわけではありません。

ただいくら内巻き肩を直しても、腕が捻れていれば内巻き肩に戻りやすくなります。末端から捻れていくからです。


エクササイズは簡単です。腕を大きく後ろに開くだけです。その際に大切なのは、呼吸と方向です。

開く時に親指を出来るだけ外側に反らせます。

もっと反らせますよー。
この時胸を大きく開き、肩甲骨を寄せるイメージで行います。

呼吸は腕を開く際に、ゆっくりと吐きます。戻す時に吸います。

勢いをつけて早く行なっては、何の効果もありません。ゆっくりと深呼吸しながら行いましょう。また息を止めてギュウギュウ伸ばしても効果的とはいえません。

だいたい5〜10回くらいを1セットとして下さい。特に回数制限もありませんので、気になった時に行なってみて下さいね。仕事の合間にリフレッシュとして行なってみてはいかがでしょうか?

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / スポーツトレーナー)
Lycka till 

運動が苦手な方でも安心です。神経トレーニングで身体調整。

リハビリテーションの一環として使われるPNFを、アスリートやダンサーのトレーニング・身体調整法として発展させたのがPNFトレーニングです。運動が苦手な方でも少しづつ神経トレーニングすることで、無理なく身体を調整できます。動きは地味です。

090-3515-7384
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。