富裕層にとっての一時払い終身保険 - 生命保険・医療保険全般 - 専門家プロファイル

「保険と金融」の相続総合研究所 
東京都
研究員
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:生命保険・医療保険

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
植森 宏昌
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
小川 和哉
(ファイナンシャルプランナー)
森 和彦
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

富裕層にとっての一時払い終身保険

- good

  1. マネー
  2. 生命保険・医療保険
  3. 生命保険・医療保険全般
生命保険 相続対策の生命保険

一時払い終身保険に限りませんが…生命保険には「利殖性(=パフォーマンス)」を期待する方が一般的でしょう。

「保険事故(=相続)の発生時には『払った保険料』を上回る『死亡保険金を受け取れる』のか?」
「解約した時には『払った保険料』を上回る『解約返戻金を受け取れる』のか?」
…という具合に。

ところが。
富裕層にとっては
『非課税財産をいくら残せるのか?』
『相続財産から、いくら切り離すことができるのか?』
…という視点が大切です。

つまり、富裕層は生命保険に利殖性は期待していないのです。
「払った保険料」と「受け取る死亡保険金」が同額だったり、
あるいは保険金の方が少なかったとしても。
「節税」の方が切実なのです。

ということで。
このマイナス金利で、次々と販売停止に追い込まれる状況ですが。

一時払い終身保険は残しておいて欲しいものです。


 

 

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「生命保険」のコラム