「ロンドンで、30億元!」 - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

吉野 充巨
吉野 充巨
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
前田 紳詞
前田 紳詞
(ファイナンシャルプランナー)
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)
岡崎 謙二
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月17日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ロンドンで、30億元!」

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
よもやまブログ

こんにちは!

さて、この度、英国ロンドン市場において、

中国が人民元建ての国債を、

30億元(約500億円)発行したと発表がありました。

 

中国が、国内以外で元建て国債を発行するのは、

これが初めてです。

この数年、「元の国際化」を目指し、昨年の11月には、

国際通貨基金のSDR(特別引き出し権)に採用された人民元ですが、

今回も国際化に向けての一環とみられています。

 

今回の国債は3年満期で、利率は3.28%となっています。

主に、金融機関をはじめとする機関投資家が購入した模様です。

 

世界経済のけん引役として頑張ってきた中国ですが、

ここにきて、経済成長率も減速傾向にあります。

海外への資本流出が加速する中、元への為替介入もいまだ続けています。

 

今後も、為替介入を辞さないと思われる中国、

どこまで元が国際通貨として受け入れられるかは、

まだ未知数といったところです。

 

とはいえ、日本も、他国の通貨を心配している場合ではありません。

「円安」で何とか株高を支えているような状況には、限界があります。

 

目先の為替や株価に一喜一憂するのではなく、

日本経済が、“根本から強くなるための取り組み”が、

今まさに必要と言えるでしょう。

 

それでは、今週も穏やかな日々となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

「“人民元”、国際通貨(SDR)採用へ!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/11/06 17:16)

日銀の国債保有額、ついに民間金融機関を超える! 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/10/05 17:05)

「米国債の保有高、中国再び1位に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2017/08/30 10:38)

8月第2週のマーケット情報 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2016/08/15 09:31)

長期金利がマイナスに。 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2016/02/10 18:28)