何故、フラット35からフラット35への借り換えができるのか - フラット35 - 専門家プロファイル

Office JUN 代表
兵庫県
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

前野 稔
前野 稔
(ファイナンシャルプランナー)
森 久美子
森 久美子
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2017年10月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

何故、フラット35からフラット35への借り換えができるのか

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. フラット35
相談業務 店舗タイプ

 最近の借り換えブームで、よく質問されるのがフラット35からフラット35への借り換えの可否です。通常の借り換えは他行への借り換えであり、そう考えるとフラット35も無理な気がしますが、証券化という仕組みを使っているため可能なのです。

 証券化というのは、住宅ローン債権を生命保険会社などの機関投資家に転売し、フラット35を扱っている住宅金融支援機構は債務者(借入者)からの回収に責任を負い、機関投資家は一定の金利を貰える代わりに、将来金利が上昇しても金利はそのままで、繰上返済された場合はそこでその住宅ローン債権は無くなります。

 通常、同じ銀行で借り換えを行わないのは銀行が損失を被るからですが、フラット35の場合は損失を被るのは機関投資家であり、機構は損失を被らないので可能な訳です。(当然ながら、そのようなリスクは機関投資家も承知しています)

 今回の解説で、何故フラット35だけ同じ商品間で借り換えが可能なのか、ご理解頂けたでしょうか。メガバンクなどの一部も証券化を実施しているため、将来は借り換え可能な商品が出てくるかもしれません。


沼田 順(1級FP技能士、宅地建物取引主任者、住宅ローンアドバイザー)

 

※このコラムの無断転載・引用はご遠慮願います

 

ブログメディア「BLOGOS」、「マネーの達人」

そこに参加させて頂いている、私のブログも是非ご訪問下さいませ。

住宅ローン、不動産アドバイス


カテゴリ このコラムの執筆専門家

(兵庫県 / ファイナンシャルプランナー)
Office JUN 代表

住宅金融公庫出身のFPが貴方のマイホームライフをサポート

素敵なマイホームを手に入れて最後まで幸せに暮らして欲しい。これが住宅金融公庫勤務時代に年間500件以上の住宅ローン相談業務を担当してきた私自身の願いです。その経験を基に貴方のマイホームライフをトータルにサポート致します。

カテゴリ 「相談業務」のコラム

このコラムに類似したコラム

フラット35に銀行の信用力は関係ありません 沼田 順 - ファイナンシャルプランナー(2016/05/06 07:00)

【マイナス金利でローン借換えは絶好のチャンス!】住宅ローンの返済計画をプロが診断! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2016/03/01 17:00)

【3組さま限定】4月28日 無料住宅ローン個別相談会 開催! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2015/04/25 14:00)

【住宅ローンの専門家がチェック!】貴方の住宅ローンの資金計画・借入計画をプロが診断! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2015/04/01 13:00)

【住宅ローンの専門家がチェック!】貴方の住宅ローンの資金計画・借入計画をプロが診断! 寺岡 孝 - 住宅&保険・住宅ローン コンサルタント(2015/03/06 15:00)