スンズン運動 新潟のNPO代表 姫川尚美容疑者 逮捕 「乳幼児死亡させる」 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

しあわせ家族の安心カイロプラクティック KCSセンター 院長
神奈川県
WHO基準カイロプラクター 健康科学博士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

吉川 祐介
吉川 祐介
(カイロプラクター)
川井 太郎
川井 太郎
(整体師/あん摩マッサージ指圧師)
関村 順一
関村 順一
(鍼灸マッサージ師)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

スンズン運動 新潟のNPO代表 姫川尚美容疑者 逮捕 「乳幼児死亡させる」

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
日記


姫川容疑者は去年6月、大阪市の事務所で生後4カ月の男の子をうつぶせの姿勢にして胸や腹を圧迫するマッサージを行って窒息状態に陥らせ、死亡させた疑いが持たれています。
姫川尚美容疑者:「私の手で死に至らしめたという自覚はない。意識が飛んでとかではない。不注意ということもない」
姫川容疑者はこれまで、東京や大阪などで6000人以上に"ズンズン運動”と称するマッサージを行ったとみられ、おととし2月にも新潟市の1歳の男の子が死亡しています。姫川容疑者は容疑を否認している。


というひどいニュースがありましたことを以前書きましたが、3/4に業務上過失致死の疑いで逮捕されました。


私の専門とするカイロプラクティックにも、赤ちゃんや小さな子どものケアがあります。ただし、それができるのは、小児の体の専門の勉強、レーニングを受けた先生だけです。

なぜなら、子どもに施術するのは、難易度が高くて、より高度な技術と熟練度が必要だからです。

乳幼児への施術に関する悲しい事故は、絶対に防がなければなりません。ましてや、死亡事故を繰り返すような『素人施術』は、絶対に許してはなりません。

そして、このような形で科学的根拠のない療法、医学知識のない人が行う施術の危険性が明確に示された事を悲しく思います。

医学を学んで健康を考える、私たちみたいな専門家が業界をリードして行かなくてはいけないと、改めてそう思います。







カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / WHO基準カイロプラクター 健康科学博士)
しあわせ家族の安心カイロプラクティック KCSセンター 院長

「腰痛」「肩こり」「姿勢矯正」背骨のゆがみはおまかせ下さい!

約5万人17年間の臨床実績から、腰や肩だけでなく「姿勢」全体を改善することで再発しない身体づくりを重視しています。姿勢矯正エクササイズも好評。企業の健康管理や福利厚生、モデルや芸能人の美姿勢もサポート。小中学校での姿勢教育にも協力しています。

カテゴリ 「日記」のコラム

このコラムに類似したコラム

子どもの姿勢とカイロプラクティックについて、代議士さんと楽しいひとときを過ごしました。 井元 雄一 - WHO基準カイロプラクター 健康科学博士(2017/07/20 16:24)

法的な資格制度がない医業類似行為の手技による施術は慎重に【消費者庁】 井元 雄一 - WHO基準カイロプラクター 健康科学博士(2017/07/14 23:00)

20歳、カイロプラクティックへの物語【井元雄一】 井元 雄一 - WHO基準カイロプラクター 健康科学博士(2017/06/06 14:52)

カイロプラクティック国際会議(INTERNATIONAL COMFERENCE ON CHIROPRACTIC)2016 in韓国 井元 雄一 - WHO基準カイロプラクター 健康科学博士(2016/12/09 23:39)

『9th Interdisciplinary World Congress on Low Back and Pelvic Girdle Pain』 (シンガポール) 井元 雄一 - WHO基準カイロプラクター 健康科学博士(2016/11/06 15:30)