アメリカ確定申告  就職活動費用の控除 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

TODD'S Accounting Corporation ワシントン州公認会計士
ワシントン州公認会計士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

高橋 昌也
高橋 昌也
(税理士)

閲覧数順 2017年05月29日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アメリカ確定申告  就職活動費用の控除

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般

アメリカ確定申告  就職活動費用の控除

 

もしあなたが2014年就職活動をしていた場合、現在または直近の仕事の職種と同列の職種を探していれば、あなたは雑費として就職活動費を控除することができます。例えあなたが新しい仕事を見つけられなかったとしても、ふさわしい経費として認められることもあります。しかし、それらの経費は、あなたの合計雑費が調整された合計収入の2%を超えた範囲でのみ控除となる場合があります。(あなたにとって最初の就職活動費は認められません。)

控除できる費用は限られております。以下控除として計上できます。参照下さい。

 

・就職活動中に一部として交通費。あなた自身の車での運転により1マイルにつき56セント。(駐車場、有料道路費用含む)

 

・もしあなたの休職活動が夜通しになった場合の食費と宿泊費

 

・タクシー料金

 

・職業紹介所の料金

 

・履歴書、名刺、切手、広告費用など

 

アメリカの会計、税務相談は以下

Toddaccounting.com

Toddsaccounting.com

Usa-consultants.com

 

http://usa-consultants.com/

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ワシントン州公認会計士)
TODD'S Accounting Corporation ワシントン州公認会計士

アメリカ確定申告、アメリカ会社設立

アメリカでCPAをしています。アメリカの確定申告、アメリカのレストラン、アメリカの会社設立、アメリカの中小企業、アメリカ進出企業、アメリカグリーンカード、アメリカビザの確定申告をしています。