部下への承認の仕方 その2 - 毎日のつらさ - 専門家プロファイル

一般社団法人 日本メンタルアップ支援機構 代表理事
東京都
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:心と体の不調

茅野 分
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))
快眠コーディネイター 力田 正明
(快眠コーディネイター)

閲覧数順 2017年02月26日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

部下への承認の仕方 その2

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. 心と体の不調
  3. 毎日のつらさ
メンタルヘルス

こんにちは。

産業カウンセラーの萌ちゃん先生です


部下への承認の仕方

その2


承認=褒める


ということと思っていらっしゃる方も

多いと思います。


でも、


もっと単純なことで

OK





ありがとう


よくやったね


おかげで助かった


こんな言葉も

実は承認のサイン


上司と部下のコミュニケーションの

やり取りは


上司の側からすると


平らなグラウンドで

キャッチボールをしているイメージ


でも、

実際は


2階と1階で

キャッチボールをしているに

他なりません。


こちらから何気なく投げたボールも

下で受けるのは結構大変


投げ上げるのだって


コントロールのいるし、

エネルギーも必要です。


ということは、


一つ一つの言動が、

上司が思っているよりも


部下にとっては、

より強く伝わるということなのです。


これは、

マイナスのエネルギーも

プラスのエネルギーも


同じこと


何気ない

プラスメッセージは


思っているより

効果的


あ、それから

気を付けなくてはならないのは、


褒めっぱなしにすること。


よくやった

次も頑張って


は要求になるので


気をつけて。



萌ちゃん先生でした

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 心理カウンセラー)
一般社団法人 日本メンタルアップ支援機構 代表理事

メンタルアップマネージャ認定機関

働く人が一番ストレスを感じるのは、人間関係であることが厚労省データからも明らかです。人間関係改善に必須のコミュニケーション、ストレスマネジメント、ハラスメントの生きたスキルが身につく、ワークショップ型研修をご提供します。Office MOEKO代表。

カテゴリ 「メンタルヘルス」のコラム

体験することって大切(2016/04/03 23:04)

新入社員研修スタート!(2016/04/01 21:04)

ご無沙汰しております。(2016/03/30 19:03)