リウマチとの付き合いかた - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

松永 隆文
松永 隆文
(建築家)
増井 真也
増井 真也
(建築家)
松永 隆文
(建築家)

閲覧数順 2020年09月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リウマチとの付き合いかた

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
介護福祉情報
リウマチ(リュウマチ)は女性の約8割に発症すると言われてます。
発症後は膝関節などに激痛がはしるので、無理な曲げ伸ばしは返って悪化させてしまう場合があります。

今まで和室など床レベルで生活されていた方はイスを利用したライフスタイルに変更されることをオススメします。
トイレも補高便座を導入することにより、立ち座りが楽になります。

発症初期段階ならグルコサミンのサプリは人によっては効果大なので医師と相談の上お試しください
(^^)

関節周りの筋力をつけるのも効果があります。
負荷の軽くなるプールでの歩行練習は健康維持の面でも最適です。
また、骨粗しょう症を防ぐのもカルシウムを摂取するだけでなく運動が大切になります。
お年寄りの骨折は回復に時間がかかる為、筋力低下や寝たきりの原因になってしまいます。

寒い冬は運動不足になりがちですので、お買い物など積極的に歩きましょう!

私はスイミングインストラクターの経験があり、トレーニングメニューも開発しましたので興味のある方はお気軽にお問い合わせくださいv

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅までやすらぎの空間を

医者に外科・内科等があるように、建築士に介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?人生100年時代を迎えた今、子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅など終の棲家まで、ライフステージを考えた安心して暮らせる機能的な住まいを一緒に創りましょう

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「介護福祉情報」のコラム

2012国際福祉機器展(2012/08/18 09:08)

介護福祉事業者のIT化(2011/10/13 17:10)

室内のニオイ対策(2011/10/13 07:10)

小児用座位保持装置(2011/10/12 06:10)