タルタルは野蛮な料理? 7月の料理基礎講座にて - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

タルタルは野蛮な料理? 7月の料理基礎講座にて

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室
フランス料理


7月18日19日
料理基礎講座7月


アミューズはチェダーのサブレに、

ひさしぶりにキールkirを作ってみました。
ブルゴーニュ・アリゴテBourgogne Aligoteとクレーム・ド・カシスcreme de cassisの組み合わせです。ブルゴーニュ市長だったキールさんが、販促のために考え出した、と言われています。
販促であったと分かっていても、キールはおいしいので、ときどき喜んで乗せられることにしています。


前菜はサーモンと鯛を使ってタルタルにします。タルタルはモンゴルで活動していたタタール人に由来していて、もともとは鞍と馬の間に生肉をはさんで一日乗り回し、柔らかくしたものを刻んで生で食べていたのだとか。
そんな話しをしたら、
「きっと寒い地方なのでしょうね・・。モンゴルだし」
でないと、ちょっと考えられない食習慣です。
フランスではステック・タルタルsteak tartareという生牛肉を刻んだ料理があります。既に9世紀にはヨーロッパから見て野蛮に見える中央アジアの人々をタタールtartareと呼ぶようになり、ひいては野蛮に見える生肉の料理にタルタルという名前がついた、という説も。






主菜は旬のスズキ(1.8kg!)と

ういきょうを使って、


ポワレにします。赤ワインのソースを添えて



デザートは果物のサバイヨン・ソースがけです。

イタリア起源のザバイオーネクリームがもとであるサバイヨンソースは、卵黄とアルコールを使って泡立てた、甘いけれど濃厚においしいソースです。オーヴンでグラチネし、上にはバニラアイスクリームをのせて、温と冷を楽しむデザートにしています。

このコラムに類似したコラム

ポワローの美味しい季節 塚本 有紀 - 料理講師(2014/01/12 19:30)

クリスマスパーティの仕込み 塚本 有紀 - 料理講師(2013/12/28 22:19)

きのこの「羊の足」 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/08 23:50)

映画「大統領の料理人」を見に 塚本 有紀 - 料理講師(2013/09/15 17:36)