善意が誤解を生む矛盾・・ - バリアフリー住宅 - 専門家プロファイル

やすらぎ介護福祉設計 代表
埼玉県
建築家
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

善意が誤解を生む矛盾・・

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. バリアフリー住宅
アメブロより更新中

日曜の浦和レッズのサッカーを見に行ったときのことですが、スタジアムはバリアフリー設備が整っているので、車いす使用のサポーターも結構おられます。


今回はバスを利用したのですが、独りのサポーターが車いす移動し、バス乗り場で優先的に乗車されるときのこと


そのかたは、おそらく半身麻痺の障害をお持ちのようで、係員がステップを降ろした際 車いすから立ち上がり自力で乗車されました。係員は手で車内に車いすを運び入れ、動かないように設置作業を。


乗車待ちの長蛇の列でしたので、ご本人は時間的迷惑をかけないよう頑張って移動したと見受けましたが、私の後ろに並んでいる人は、「歩けるならバスのイスに座って、車いすは係員にたたんでもらえばいいのに」とつぶやいている声が聞こえました。



もし、ご本人が立ち上がることなく座っていたら、このような誤解が発生しなかったのかもしれませんが、「善意で行動したことが誤解を生む」・・


そこで私はつぶやいた人に聴こえるように、「無理して急がなくてもいいのに」とつぶやき返しましたw





社会福祉士に必要な技術 本人の代弁(アドボガシー)ができるかどうかは、このような気づきから始まると感じています(^^)









カテゴリ このコラムの執筆専門家

(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「アメブロより更新中」のコラム

CSI:15をamazonプライムで(2016/12/11 00:12)

今年の語学状況(2016/12/10 00:12)

高血圧と生活習慣病(2016/12/09 00:12)

入院時の必需品(2016/12/07 00:12)

このコラムに類似したコラム

羽田駐車場格納庫 斉藤 進一 - 建築家(2013/11/02 23:42)

圧巻!天下一! 杉浦 繁 - 建築家(2013/04/13 16:02)

普通に生きると言うこと。 杉浦 繁 - 建築家(2012/10/22 17:39)

リハビリ専用プール 小木野 貴光 - 建築家(2016/09/05 04:00)