斉藤 進一(建築家)- コラム「アメブロより更新中」 - 専門家プロファイル

斉藤 進一
介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

斉藤 進一

サイトウ シンイチ
( 埼玉県 / 建築家 )
やすらぎ介護福祉設計 代表
Q&A回答への評価:
4.5/126件
サービス:0件
Q&A:357件
コラム:1,932件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

アメブロより更新中 のコラム一覧

1640件中 1~10件目RSSRSS

2018国際福祉機器展 感想(風呂) NEW

2018国際福祉機器展 感想(風呂) (専門家プロファイルからはこちらから←) 在宅介護において、簡易浴槽による入浴サービスを使う場合と自宅の浴槽を使う場合があります。 ユニットバスタイプで福祉分野に特化し、群を抜いているのは積水ホームテクノ社さんの浴室だと思います。 リクシル(INAX)さんが得意としている「シャワードバス」の仕組みをシャワーチェアに付けられる商品が新発売のようです。  また、施設などでは感染予防で浴槽のお湯を毎...(続きを読む)

2018/10/21 00:10

2018国際福祉機器展 感想(クルマ) NEW

2018国際福祉機器展 感想(クルマ) (専門家プロファイルからはこちらから←) 自動車メーカー各社から「ウェルキャブ」と呼ばれる車椅子使用の方が乗れる・乗るクルマは色々発売されており、展示車両も多かったです。 車椅子自走で車も運転される方車椅子のまま車に乗る方車椅子は収納して座席に座る方など様々なシチュエーションがありますね。 介護福祉建築に携わる者として、戸建て住宅と自動車の組み合わせは必須で、動線や駐車場所はご家族のADLを大...(続きを読む)

2018/10/20 00:10

2018国際福祉機器展 感想(自助具) NEW

2018国際福祉機器展 感想(自助具) (専門家プロファイルからはこちらから←) 国際福祉機器展には、障がいのあるご本人をはじめ・医療関係者・介護関係者・施設関係者・住宅関係者など様々な専門分野のかたも来場されます。 その中でも、ケアマネさんやヘルパーさんに人気のブースが自助具関係の展示です。    住宅設備機器に比べ、値段もお求めやすいので、健常者のかたのADLサポート用にも普段使いで使用し始めておくと違和感なく使い続けられると思...(続きを読む)

2018/10/19 00:10

2018国際福祉機器展 感想(ベッド) NEW

2018国際福祉機器展 感想(ベッド) (専門家プロファイルからはこちらから←) 1日の平均睡眠時間を8時間だとすると、人生の3分の1を睡眠に費やすことになります。障がいがあって寝たきりになると比率はもっと増えるので、寝具は重要です! 介助者が今まで大変だったのは、褥瘡防止で寝返りをサポートするために数時間ごとに起きていたことですが、技術の進歩でベッドが寝返りをサポートしてくれる時代になりました。  フレーム自体が動いてくれるフラン...(続きを読む)

2018/10/18 00:10

2018国際福祉機器展 感想(トイレ) NEW

2018国際福祉機器展 感想(トイレ) (専門家プロファイルからはこちらから←) 日本のトイレの便器メーカーは世界的にも有名で人気ですが、陶器製品というネックからか高さ方向のバリエーションが無いのが昔から不満でした。 一方で、一度設置したら配管の関係で移動が難しかった便器ですが、最近はリフォームやポータブルトイレの水洗バージョンとして人気のあるTOTOさんの「ベッドサイド水洗トイレ」は画期的ですね!  障がいのあるかたのライフステー...(続きを読む)

2018/10/17 00:10

2018国際福祉機器展 感想(ロボット) NEW

2018国際福祉機器展 感想(ロボット) (専門家プロファイルからはこちらから←) 介護補助ロボットとして有名なのはダイワさんのHALですが、昔からライバル関係の東京理科大学さんの研究チームのマッスルスーツも素晴らしいと思います。  介護用だけでなく、ペッパーのような対人型ロボットも介護福祉業界には有効で、ミニバージョンのロボットも展示されてました   かつてはロボット化に温かみが感じられない等の声もありましたが、人材不足の今 ロボッ...(続きを読む)

2018/10/16 00:10

2018国際福祉機器展 感想(手摺り) NEW

2018国際福祉機器展 感想(手摺り) (専門家プロファイルからはこちらから←) 介護保険住宅改修に伴い、手すりを扱う事業所が殆どなのでYAZAKI社さんや安寿社さんの手摺りは有名ですね!               どのメーカーも場所を選ばず、簡易的に設置できるタイプが流行ってますが、介護保険住宅改修申請においては「工事が必要な固定されたもの」と謳われている自治体が殆どですので注意が必要です。 ⇒介護保険福祉用具貸与品 としての申...(続きを読む)

2018/10/15 00:10

2018国際福祉機器展 感想(AI) NEW

2018国際福祉機器展 感想(AI) (専門家プロファイルからはこちらから←) 視覚障がい者・聴覚障がい者のADLをサポートすべく通信機器や会話補助装置などは年々充実してきていると感じます。 住宅内での設置法なども学ぶことで、玄関と居室の動線や来客などに対応する手法もイメージ出来ました。 一方で、認知症のかたの在宅介護は未だ難しく感じます。   私自身、事務所でamazon echo(AIスピーカー)を使用し、スマートホームの実験...(続きを読む)

2018/10/14 00:10

2018国際福祉機器展 感想(車椅子) NEW

2018国際福祉機器展 感想(車椅子) (専門家プロファイルからはこちらから←) 国際福祉機器展に行き始めたのは2008年からでした↓記事  福祉用具は年々進化してますが、デザインが普遍であってメーカーによって特徴が違うのが「車いす」ですね。 自走式と介助型で仕様が全く変わってきますが、自走式で人気のOX社さんのブースはいつも賑わってますね!   一方、スウェーデンの車椅子として人気なのがパンテーラ社さん 自走して自動車も運転される...(続きを読む)

2018/10/13 00:10

2018国際福祉機器展 感想(住宅) NEW

2018国際福祉機器展 感想(住宅) (専門家プロファイルからはこちらから←) 毎年、最新の情報を得るために自己研鑽で行っている「国際福祉機器展」に東京ビッグサイトまで   2018年は新たに7・8の会場が増えたようです。 私がメインでチェックするのは住宅分野のブースです。 大手設備機器メーカーさんの最新設備は、直ぐに新築・リフォーム工事に反映できるものが無いか確認しております。 リクシルさんの共同体においては、TOTOさんのライ...(続きを読む)

2018/10/12 07:10

1640件中 1~10件目

プロフィール評価・口コミ対応業務経歴・実績連絡先・アクセスQ&Aコラム