大阪・堺筋本町「カランドリエ」へ - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
平岡 美香
(マーケティングプランナー)
廣瀬 ちえ
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

大阪・堺筋本町「カランドリエ」へ

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室

堺筋本町の「カランドリエ」に。もう何年ぶりなのか、思い出せないほどぶりです。でもおいしかったことだけははっきりと覚えています。大好きだと感じたのは、きちんとクラシックを踏まえての現代の料理だったからです。



名物のフォワグラのスープ入りコロッケ
「なかのスープは絶対に火傷しない温度にしてありますから、一口で召し上がってください」
と何度もサービスの方がおっしゃいます。
ヘタに噛むとスープが飛び出て、大変なことに、と。
ぱくっと一口。コンソメにポルトーを感じます。うれしいスタートです。


前菜の冷製スープは帆立とズッキーニのガスパチョ仕立て(冒頭の写真)。爽やか!

肉厚の平目のポワレはほろっ、ふわっとして、頬のゆるむおいしさ。



オーストラリア産仔羊の鞍下肉。すごく柔らかく、お肉の旨味もきゅっと強く、豊かに感じます。(鞍下肉は背肉よりももっと強く仔羊のにおいがすると思います。だからもしその日の皿が嫌な味だと感じたら、仔羊好きな私でも「今日はもう食べられない・・」と、フォークを置きたくなる事態になってしまいます)




クリームチーズ入りクラフティ



デザートはワゴンから。

シャンパンとマンゴーのムース、フランボワーズのしっとりしたケーキ、果物のコンポート。

忙しい教室週間の間の、楽しい、つかの間のランチでした。

このコラムに類似したコラム

日曜日はブノアへ…? 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/10/28 07:19)

ダコワーズとは 5月の製菓基礎講座にて 塚本 有紀 - 料理講師(2013/05/23 21:58)

メレンゲを上手に泡立てる 5月の製菓基礎講座のお知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/05/13 14:52)

世田谷「雪乃下」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/03/06 22:06)

いちじく赤ワイン煮のパウンドケーキ、仕込み 塚本 有紀 - 料理講師(2012/12/12 23:45)