すでに初夏! パイナップルのタルト - 洋菓子・和菓子 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
塚本 有紀
(料理講師)

閲覧数順 2016年12月04日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

すでに初夏! パイナップルのタルト

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 洋菓子・和菓子
フランス菓子

5月の製菓連続講座にて
5月22日~25日

パイナップルのタルト・クレオール Tarte ananas creole

スタッフ久我に
「こんな時期から夏向きのタルトなんて作ったら、本当に暑くなったら、メニューどうするのですか」
と言われつつ試作しはじめたパイナップルのタルトですが、授業が始まってみると体感は本当に初夏でぴったりとなりました。


パイナップルをバナナやパッションでローストし、同時に少し香りをいれます。
クレオールとは西インド諸島の旧フランス植民地に生まれたフランス人のことを指し、料理やお菓子ではこれらの島々の料理に影響を受けたものや、その産物、たとえばバナナやパイナップルやラムやバニラを使ったもののことです。
パイナップルは単体でローストしても充分においしいものですが、ラムやバニラ、パッション、バナナなど南国の香りが入ると、なお一層おいしいものです。




最後にライムを散らすと、きゅっと香りが入って、なおさら南国の感じに。


もう一つのお菓子は、リエージュ風のワッフル gaufre liegeoise
フランスではワッフルのことをゴーフルと呼び、北部やフランドル地方のお菓子です。ベルギーのリエージュ風というと、がっしりと固めの食感のあるほうのワッフルです。


リエージュ風は単体で食べてもおいしくボリュームがあるので本来なら不要なのですが、せっかくなので、チョコレート、赤いベリー、キャラメルのソースと果物をいろいろ添えてみました。
やりかけると熱中して、次はブリュッセル風をご紹介したいなあ・・、その次はリールにあるぐにゅっと柔らかいゴーフルも! などと思っています。

このコラムに類似したコラム

ショコラオレンジのパリブレスト 宮代 眞弓 - 料理講師(2012/07/15 14:10)

クロワッサンが食べたい 塚本 有紀 - 料理講師(2012/02/05 23:25)

パリ便り3 サロン・ド・ショコラにて 塚本 有紀 - 料理講師(2010/11/30 12:17)

千歳烏山「ヴィエイユ・フランス」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/11/05 23:19)

ご用意したフロマージュは、本家本元! 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/10/28 09:44)