クロワッサンが食べたい - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

塚本 有紀
塚本 有紀
(料理講師)
大庭 麗
大庭 麗
(料理講師)
塚本 有紀
(料理講師)
猪名川 久美子
(テーブルコーディネーター)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

クロワッサンが食べたい

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室


先日来クロワッサンのことを考えていたら、とても食べたくなりました。

先月のお菓子連続講座はフイユタージュでしたので、今ならみなさんも折り込み生地にたいする身体的な感覚(ちょっと大げさな表現ですが)が大いに残っているはず! とも思ったのです。もちろんそれは私も同じです。大好きですが、いざ教室でやろうとするには少しエネルギーがいるメニューなのです(なぜか?)。
でも今なら、作りたい! 食べたい! で突っ走れそうな気が。
先月の講座のときにぽろっと「やろうかな」と言った私に、「やりたい、やりたい!」と言ってくださった方々のお顔もちらつきます。先月使ったバトン・オ・ショコラも、「試作したら?」と言わんばかりの量が残っています。

「えっ、でもなんでお菓子教室なのに、パンを?」とお思いの方もあるかもしれません。しかしヴィエノワズリ-VIennoiserieと呼ばれるクロワッサンやブリオッシュなどは、フランスにおいてはそもそも菓子職人が扱う範疇です。(フランスで狭義の意味でのパンとは、バゲットなど粉とイーストと塩だけで作るもののことです。「じゃあ、パン・オ・ショコラのパンは何なのよ」と突っ込みを入れたくなりますが・・・。あくまでも狭義の、かつフランス人がパンといって真に思い浮かべるのは、という意味のパンです)

というわけで今月の製菓連続講座(22~25日)のメニューの一つはクロワッサンとパン・オ・ショコラにしようと思っています。あとのメニューは未定です。また後日。

このコラムに類似したコラム

すでに初夏! パイナップルのタルト 塚本 有紀 - 料理講師(2013/05/29 23:03)

最近のフランス菓子 古典の再登場 塚本 有紀 - 料理講師(2010/12/27 00:00)

色粉を使わないカラフルなお菓子作り 塚本 有紀 - 料理講師(2010/10/04 09:48)

皇帝ダリア 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/11/26 00:28)

これなぁ~んだ! 宮代 眞弓 - 料理講師(2013/11/19 23:28)