クリームパンの「八天堂」へ - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

クリームパンの「八天堂」へ

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室
パン


B&C(パンニュース社)の取材で、広島県三原市の「八天堂」へ取材に寄せていただきました。

朝5時に起きて、のぞみとこだまを乗り継ぎやってきました・・・。

というのは、朝9時に本店がオープンすると、だいたい11時には売り切れるとのことだったからです。

三原駅に降り立つと、あまり人がいません。駅前もとくだん栄えているようにも見えず・・。ほんとに売り切れるのかしら? それにしても、眠たい・・。
ところが9時にオープンすると、お客さんがどんどんやってきて、5個、10個とまとめ買いしていかれます。


500個ほどがどんどん並べられます。
たまたま近くを通りがかったから、という理由で来られる人はまずなく、すべてが「目的買い」だそう。






キュート!


新商品のメロンパン

外側のクッキー生地にホワイトチョコレートがコーティングされることでざっくりした食感と、中のふんわりしっとりパンとクリームが、同時に楽しめます。


今や日本中にたくさんの売り場を持ち、今年中には海外への出店を模索中とのことですが、ここに至るまでのご苦労を、たくさん社長さんから伺いました。

かつて広島県下に10店もあったパン屋さんを徐々に閉め、商品を減らし、周囲の大反対を受けつつも、クリームパン1本に絞られた過程。お店がうまくいかず、徐々に社員が辞めていくつらさ。それでもと歯をくいしばる思い。市場の分析の仕方。確信を持つことに繋がったお客さんからの反応。赤字で始めた東京進出から、火が付くまでの過程。そして、近い未来に「業界一の社員への待遇を達成する」と言い切られる自信。

すべてのお話が非常に興味深く、自分のことに引き比べつつ、引き込まれるようにお話を伺いました。社長さんは講演会やビジネスセミナーの講師にもよく行かれるそうですが、これはそんなときに聞くことができるお話しでしょうから、私一人が聞くのはほんとうにもったいないくらい。
仕事を超えて楽しく、貴重な経験をさせていただきました。
詳しくは「B&C(パンニュース社)」7-8月号、巻頭特集「夏においしいパン」にて!

このコラムに類似したコラム

広島の三原でタコのお昼ご飯 塚本 有紀 - 料理講師(2013/05/17 20:26)

4日間の夏休み 宮代 眞弓 - 料理講師(2012/08/10 19:37)

「パッションとフランボワーズのタルト」講座お知らせ 塚本 有紀 - 料理講師(2012/07/29 22:45)

夙川パン屋さん巡り1 「トリコ」へ 塚本 有紀 - 料理講師(2012/06/29 20:51)

「パン・ド・ロデヴの会」のお昼ご飯編 塚本 有紀 - 料理講師(2012/04/01 18:46)