接客の極意、アプローチ前の3秒と、接客中の2秒の「間」をいかに活かすか? - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

田原 洋樹
株式会社オフィスたはら 代表取締役 人材育成コンサルタント
東京都
人材育成コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

北島侑果
(司会者)

閲覧数順 2017年07月22日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

接客の極意、アプローチ前の3秒と、接客中の2秒の「間」をいかに活かすか?

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル

接客力を磨いて、成約率を高めたいという思いは、店頭で販売をする人にとっては共通すること

ではないでしょうか?


接客力を高めるために、セールストークを勉強したいという願いを耳にしますが、私は


接客の良し悪しはセールストークではない


とうことを断言しておきます。


ならば、一体何が接客力向上のポイント何でしょう?


ヒントは


アプローチ前の3秒と、接客中の2秒の「間」


つまり接客する直前の3秒で、お客様のタイプを見極め、ニーズを想定して接客をスタートさせること。


行き当たりばったりの販売を避け、お客様が何を欲しているのか?どのような対応を望んでいるのかを


経験と勘で察知します。


そして、会話中に適度に「間」を与え、相手に考えさせる時間を作ること。


これが重要なポイントなのです。


実はこの「間」は多くの販売員は「怖い」 と感じています。


お客様に「間」を与えることで、「断るタイミングを作ってしまう。」と考えるようです。


しかし、実際には多くのお客様は、とめどなく、一方的に説明されることにストレスを感じているのです。


ハイパフォーマー販売員は会話に「間」を意識的に作り、お客様に考える時間を与えます。


この「間」を断るタイミングではなく、購入への意欲喚起のために上手く利用するのです。


アプローチ前の3秒と、接客中の2秒・・・


この5秒の時間を怖がらず、お客様のために使う勇気。


この勇気を持ち合わせていれば、あなたも必ずトップセールスになれるはずです。




1年目から結果を出し続ける! 営業マネジャーが必ずやるべきこと/日本実業出版社
¥1,575 Amazon.co.jp
























このコラムに類似したコラム

ネット断食が流行る昨今に想う・・・ 田原 洋樹 - 人材育成コンサルタント(2013/09/23 14:00)

【1人でもスタッフがいるならば・・・】 三橋 泰介 - 研修講師(2013/07/07 09:29)

【書評】最後だとわかっていたなら(ノーマ コーネット マレック) 金指 善孝 - 大人の学びコンサルタント(2013/06/28 00:00)

ウェブ解析士取得に必要な学習時間 小坂 淳 - ウェブ解析士マスター(2014/04/09 16:10)

地方へ行ってきます!! 田原 洋樹 - 人材育成コンサルタント(2013/11/12 22:55)