当該交通事故と別の原因により被害者が死亡した場合 - 交通事故 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

当該交通事故と別の原因により被害者が死亡した場合

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 交通事故
交通事故

・当該交通事故と別の原因により被害者が死亡した場合

最高裁平成8425日・民集 第5051221

交通事故の被害者が後遺障害により労働能力の一部を喪失した場合における逸失利益の算定に当たっては、事故後に別の原因により被害者が死亡したとしても、事故の時点で、死亡の原因となる具体的事由が存在し、近い将来における死亡が客観的に予測されていたなどの特段の事情がない限り、死亡の事実は就労可能期間の認定上考慮すべきものではない。

 

 ②最高裁平成8年5月31日 ・民集 第50巻6号1323頁

一 交通事故の被害者がその後に第二の交通事故により死亡した場合、最初の事故の後遺障害による財産上の損害の額の算定に当たっては、死亡の事実は就労可能期間の算定上考慮すべきものではない。
二 交通事故の被害者が事故後に死亡した場合、後遺障害による財産上の損害の額の算定に当たっては、事故と被害者の死亡との間に相当因果関係がある場合に限り、死亡後の生活費を控除することができる。

 

 ③最高裁平成11年12月20日 ・民集 第5392038

 交通事故の被害者が事故のため介護を要する状態となった後に別の原因により死亡した場合には、死亡後の期間に係る介護費用を右交通事故による損害として請求することはできない。

このコラムに類似したコラム

後遺症による逸失利益(いわゆる「差額説」)) 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/20 11:56)

交通事故と遺族厚生年金 村田 英幸 - 弁護士(2013/03/17 11:14)

医師に後遺症診断書を作成してもらう際の注意点は? 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 09:57)

交通事故の「後遺障害診断書」のポイント(予後所見の欄) 中西 優一郎 - 弁護士(2016/11/18 09:48)