離婚訴訟の訴状の記載事項 - 家事事件 - 専門家プロファイル

村田 英幸
村田法律事務所 弁護士
東京都
弁護士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

田中 圭吾
田中 圭吾
(行政書士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年11月19日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

離婚訴訟の訴状の記載事項

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 家事事件

 離婚訴訟の訴状には、以下の事項を記載しなければならない(人事訴訟規則11条、12条、19条、民事訴訟規則53条1項)。

当事者

請求の趣旨

請求の原因(請求を特定するのに必要な事実)

請求を理由づける具体的な事実

重要な関連事実

証拠番号の引用

既に人事訴訟事件が係属している場合には、その係属裁判所と事件の表示

附帯処分について、申立の趣旨および理由

添付書類として、戸籍謄本、標準報酬等情報の提供書

このコラムに類似したコラム

人事訴訟法 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/01 19:43)

裁判離婚での戸籍管掌者への通知 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/08 14:41)

人事訴訟法、義務の履行の確保 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/05 12:10)

離婚に関する慰謝料請求 村田 英幸 - 弁護士(2013/05/02 16:46)

家事調停が終了する場合 村田 英幸 - 弁護士(2013/04/25 15:52)