あなたとパートナーの関係は?〜2 - 家事事件 - 専門家プロファイル

榎本 純子
神奈川県
行政書士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:民事家事・生活トラブル

鈴木 祥平
鈴木 祥平
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)
村田 英幸
(弁護士)

閲覧数順 2017年10月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

あなたとパートナーの関係は?〜2

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 民事家事・生活トラブル
  3. 家事事件
夫婦関係改善のために
前回のコラムでの質問、どうだったでしょうか。
別サイトで、実際にご意見をいただいたのですが、大半は「感謝して食べる」と言ったものでした。
おそらく、ネット上で「見られている」ことを意識した結果ではないかと思います。

でも、正直な人間の心情としては・・・。

?やっぱり失敗

の場合、「あ〜あ、だから言わんこっちゃない」ぐらいは絶対思いません?

?お、案外いけるやん!

の場合も、相手に「な〜、だからこのやり方でいいって言ったやろ〜」なーんてニヤリとされようもんなら、「なんだと〜」ぐらいは思いません???


最初に
「こうしたほうがいいよ」とアドバイスしている立場としては、これぐらいはやっぱり思うんじゃないでしょうか。
どうでしょう。


でもね、これぐらいだったら普通。

?のパターンで、
「だから言わんこっちゃない」
の後に、
「ざまぁ見さらせ!」
となると、関係の悪さにつながる。

?のパターンで、
「なんだと〜」
の後に、
「むかつく〜このクソガキ。たまたまじゃ、ボケ!」
ってなると、駄目ですね〜。


今回のポイント。
それは、「対抗心」です。

もちろん、対抗心も時には自分を奮い立たせてくれたりする、とっても大事な気持ち。

でもね、夫婦間や親子間で「対抗心バリバリ」になってしまうと、関係が悪くなっちゃう。

敵じゃないんだから。
勝ち負けじゃないんだから。

結構、この「勝ち負け関係」になっちゃってる夫婦って多いですよ。

勝ち負けに最近寄り過ぎてるな〜と思ったら。
修正してみてください。
「負けるが勝ち」ってこと、たくさんあります。

次回は、「負けるが勝ち」の極意を。