春本番!美しい立ち姿勢を身につけるためのピラティスとは!? - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

福島 多香恵
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
太田 律子
太田 律子
(ゴルフピラティスインストラクター)
Style Reformer 小林俊夫
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)
福島 多香恵
(ピラティスインストラクター 社会福祉士)
Style Reformer 小林俊夫
(ピラティスインストラクター)

閲覧数順 2021年07月31日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

春本番!美しい立ち姿勢を身につけるためのピラティスとは!?

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
ピラティス

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

ようやく春らしい日が続いています。

重いコートからスプリングコートに衣替え、薄着になっても格好よく歩きたいですよね。

でも、残念ながら背が高いのに猫背だったり、O脚だったりX脚だったり・・・という女性を沢山みかけます。

皆さんのその後ろ姿、男性はもちろん、女性からも見られているのをわかっていますか?

 

春、桜の下で、さっそうと歩く姿に思わず振り返りたくなってしまう!そんな美しい姿勢を作っていきましょう。

 

シンプルレッグ(股関節外旋)

1.  両踵をそろえてつま先を開いて立ちます。

2.  息を吸って両踵をアップ、両方のかかとが離れないように、お尻をキュッと締めて小指側に体重が乗らないようにしっかりお腹と拇指球で身体を支えてあげましょう。

3.  息を吐きながら踵を下ろします。10回続けましょう。

4.  10回目は踵を上げたところで10秒キープ。骨盤底筋を引き上げ、お尻をキュッと締めて拇指球で体重を支えます。小指側に体重が乗ってしまうと外側に流れてしまうので気をつけましょう。

 

普段の姿勢からできるだけお腹で支えて、拇指球に体重を乗せる意識をつけておきましょう。それだけでも、カロリーは消耗しますし、美しい姿勢が自然に身についてきます。

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX: 03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

このコラムに類似したコラム

スイングでしっかり振りきるためには骨盤の柔軟性アップが必須です!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/12/09 18:11)

ゴルファーに必須の股関節&骨盤底筋を鍛えるゴルフピラティス 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/12/07 22:10)

マラソンとゴルフに共通する大切な筋肉とは!? 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/07/12 16:50)

週刊ゴルフダイジェストでも紹介、「足の裏が大切!」! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/06/13 22:42)

股関節柔軟性アップのエクササイズその1 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/04/18 22:41)