経営は、守りより攻め! - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

経営は、守りより攻め!

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大

いろんな経営者様にお会いして思うことは、つくづく攻めが苦手な人が多いことだ。


世の中の流れは、10年前より格段に速くなった。


いつも述べていることだが、インターネットやスマホの普及に伴って、世の中が様変わりしている。


10年前だったら、やっと一般家庭にパソコンが普及しだした頃だろう。


液晶テレビ、デジタルカメラ、携帯ゲーム機、携帯型ポータブルプレイヤー、第三世代型携帯電話


もう当たり前に普及し終わったか、衰退の域に入ったものが多い。


そして、今は、映像を持ち歩く時代になった。


CD、DVD、MDというのも、近々、レコード、カセットと同じ扱いになるのだろう。


スマホの代名詞と言われるAppleのiPhoneもiPadも、ひと頃の勢いに陰りが見られるという。


斯くの如く、時代の移り変わりは、極端になっている。


しかし、多くの経営者は、この流れに乗り切れていない。


10年前、始めたスタイルに固執しているように見える。


もしくは、やり方が分からないと諦めているとも思える。


飲食店を始め、小売店は、待っていたらダメだ。


以前にも紹介したが、97年をピークに、外食業の売上は減っている。


小売業も、ネットなどの通販に客を取られている。


今や、百貨店やスーパーの売上を抜き、10兆円に迫る勢いだ。


ならば、通販にできないこと、お客様が望むことを徹底的に考え、新しいことに挑戦すべきだ。


今までのやり方を守りだとしたら、攻めに転じるべきだ。


それは、待ちではなく、外に打って出る、すなわち攻めに出ることである。


新しい商品、新しい事業スタイル、自社にない補完事業者との提携、すべてがあてはまる。


とにかく、昨日より今日、今日より明日、新しいことで上乗せすること。


それが、これから事業が生き残る唯一の方法である。




事業の方向性、新事業、新商品について、お困りの経営者様。お気軽にご相談下さい。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム

三洋電機解体に想う! 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/05/18 12:02)

個の時代到来 携帯電話20億台 下村 豊 - 経営コンサルタント(2013/02/11 11:10)