個の時代到来 携帯電話20億台 - 各種の新規事業・事業拡大 - 専門家プロファイル

株式会社CSプランナー 代表取締役
経営コンサルタント
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個の時代到来 携帯電話20億台

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 新規事業・事業拡大
  3. 各種の新規事業・事業拡大
つい最近、2013年の世界での携帯電話販売台数が10億台になるという記事を見ました。


そのうちの半分が、スマホになり、徐々に、スマホが従来の携帯電話との差を広げていくという予測です。


すでに、携帯電話とスマホで10億台が売れているので、併せて20億台になる計算です。


まさに、世界で個人向けの商品が売れる時代が到来したという印象です。


昔の人と言われるかもしれませんが、以前、電話は固定電話でケーブルでつながれたもの。


ということで、大半は一家に一台という代物でした。


それが、個人に一台どころか、仕事で利用する人によっては複数台になっています。


ある国際機関のデーターによると、世界の固定電話件数は10億4500万台と発表されています。


ということは、まもなく携帯電話が、その数を越える、いや、すでに越えているかもしれません。


そこに拍車を駆けたのが、スマホの出現でしょう。


携帯の音楽プレーイヤー、携帯のラジオ、携帯のノートパソコン、携帯の地図(ナビ)、携帯のゲーム、携帯のカメラ、携帯のテレビ、諸々の個人の欲求が、スマホ一台で満足できるようになったのです。


そこへ、タブレットが各社から販売されました。


それによって電子書籍、映画やドラマなどのコンテンツも、画面の大きさに対する個人の欲求を満足させてきています。


一家に一台だった機器、これらを開発、製造している日本のメーカーは、これを過少に評価しているように思えてなりません。


さらに、日本においては、これから単身者世帯が急増することが予想されています。


個人の欲求を満たせるものに特化するか、集団、グループなど多くの人の欲求を一同に満足させるものに特化し、集中徹底して研究開発するべきではないでしょうか。






市場のニーズ調査、商品のブラッシュアップ、販路開発についてのご用命は、お気軽にご相談下さい(相談無料)。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(経営コンサルタント)
株式会社CSプランナー 代表取締役

キキダスことで平凡な営業がトップセールスに変わります。

学生時代、成績劣等生が、できない悔しさを知っています。誰のができる面白く営業するを実践し、25年間、業績の前年割れを経験したことがありません。常に新しいこと(客、商品)に2割の力を入れることで業績を上げ続けることができます。

このコラムに類似したコラム