赤松裕一さん後援会設立のパーティに - 料理教室 - 専門家プロファイル

塚本 有紀
フランス料理・製菓教室「アトリエ・イグレック」 主宰
大阪府
料理講師

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:料理・クッキング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

赤松裕一さん後援会設立のパーティに

- good

  1. 趣味・教養
  2. 料理・クッキング
  3. 料理教室
今日は食べ物の話しを少し離れ、日本のお能のことを。

この方、若干15歳(中学3年生)!
天才の誉高き能楽師、赤松裕一さんです。
http://www.u1nougaku.jp/?page_id=9
2歳で初舞台を踏み、来月には大槻文蔵さんの芸養子になられます。
私にはよくは分かりませんが、これはとんでもなくすごいことなのだそうです。


赤松裕一さんの後援会が発足することになり、その記念のパーティに寄せていただきました。
このお正月にあった舞台での「延命冠者」も素敵でしたが、「高砂」の一節を謡われるお声はそれはそれは威厳がありました。ぞくっとするくらい。






立食パーティの後、「仕事、仕事!」と呼ばれて行ってみると、体験用の能面が。

私もつけさせてもらいましたが、目と口の小さい丸い穴が3つあるだけで、むこうはよく見えません。壁から覗き見をしているようなレベルです。前に進むなんて、とんでもなく怖い感じ。これであの所作をされるのかと思うと、本当に驚くばかりです。

後援会の方々の願いは、この方を中心として、日本でお能がもっと身近な存在になるようにもり立てて行くこと。
ご本人の願いは、1つは能の世界で立派に大成すること。
もう一つは、いつかパリのオペラ座で舞うこと。

その時、シャガールの天井画の下、私もオペラ座でまた彼の「高砂」を聞くことができたら、どんなにか素晴らしいことでしょう。
たくさんの方が、若き才能を応援してくださいますように。

このコラムに類似したコラム

ウェディングホームパーティー 笠井 奈津子 - 料理講師(2013/10/20 12:51)

食紀行 フランス編⑥ 坂本 孝子 - 料理講師(2013/08/08 17:26)

パリのお土産「ベジュマン&バートン」のお茶 塚本 有紀 - 料理講師(2013/05/30 22:57)

ワサブローさんのシャンソンを聞きに京都へ 塚本 有紀 - 料理講師(2013/05/22 19:40)