「ホームステイ」の専門家コラム 一覧 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「ホームステイ」を含むコラム・事例

205件が該当しました

205件中 1~50件目

親も教師も気がつき始めた「高校留学」の大嘘

日本の先生たちも嘘だらけの「高校留学」現実に気がついてきました。 全く何のプラスもなく、マイナスしかない「高校留学」 そろそろこの言葉自体、日本から消えるべきだと考えます。   【質問】  留学を反対されています 高校から海外留学することを家族や学校の先生に反対されています   私は中学受験に失敗して不本意な学校に通い学校が楽しくなく不登校になってしまいました ネットで不登校の海...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

(11/15)Covidカナダ再ロックダウン前- 学校が続々閉鎖中

1.BC州保健省がバンクーバー・コースタル・ヘルスとフレイザー・ヘルスの管轄地域を対象に新たな公衆衛生命令を発令。 (11月23日(月)正午まで有効ー状況により変更もあり) 〈在バンクーバー日本総領事館より) (1)同居家族など最も多くの時間を共に過ごしている人たち(core bubble)以外との社交的集まり(social gatherings)の禁止 (2)バンクーバー・コースタル...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

【PodCast】カナダ・アメリカに来る前に聴く歴史-White Trash(ゴミ白人)

おそらくカナダ時間今夜、Bidenの大統領選挙勝利がほぼ確定すると思います。 トランプがヨボヨボの顔をTVに晒し、「合法な票を全部数えたらわしが勝つ。非合法な票を数えたらBidenが勝つ。インチキ選挙だ!」とぶつぶつ。 アメリカの主要放送局は、トランプ演説を放映しませんでした。 余りにも根拠のない嘘を振りまく危険なスピーチだと。 共和党と民主党が拮抗した結果。 すべて青色の上院、下...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

アメリカのWhite Trashを知る - なぜトランプが登場しTrumpismがはびこるか

Pamdemicの今でも、ほぼ毎日相談が舞い込みます。 「カナダに留学希望です。」 「アメリカに留学しようと思っていますが、大丈夫でしょうか。」   英語を話す北アメリカの国、カナダ・アメリカで勉強し生活しようとする日本の人には、絶対知っておいてほしい知識があります。 ここで紹介するアメリカの汚い抑圧の歴史を知った後も、それでも留学を、特にアメリカ留学を希望する人はこれからも相当長く続く...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

渡航中止勧告中のカナダに未だ未成年の高校留学生を送り続けるエージェントがいるのはなぜ?

日本政府が「渡航中止勧告」を出し「行かないように」と警告しているカナダに、なんと、エージェントが無理やりグループで飛行機に押し込みカナダに送り出すそうです。 このパンデミックの危険なカナダに。  本当に大丈夫でしょうか。。。との相談を受け。 ある留学エージェントのサイトを見てびっくり仰天。 学生ビザがすごい勢いで発行されてます。 「学生ビザの発行カナダの学校関係者がすごい喜んで...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

目を覆う人権無視「日本の高校が自慢するAO入試向け1年留学制度とやら」

めくるめく混乱を続ける日本の大学入試。 そのスキを狙うように、多くの私立高校が「入試に有利な1年間の留学制度」なるものを売り物にするようになって随分経ちます。   英語圏の高校での1年の体験がAO入試に有利? どういうことでしょう。 AO入試で選抜したい生徒とは:「AO入試では「答えのない問題に対して、自分から考え、行動していく人」を評価します。」なんだそうです。   つまり、「留学...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

「乱闘、マリファナ当たり前という学校」「ホームステイはまるでメイド」の交換留学実態

交換留学の醜い実態を、実際の交換留学体験者が訴え続ける中でも、未だに団体は存続し、現実を知らない高校生親子が次々と餌食となっていることに心を痛めています。 私自身も多くの相談を受け、コラムも書き、同じく「交換留学被害者」のために活動している方たちに届けと交換留学なるものの被害状況を伝えています。 「高校留学の凄まじい現実」ー体験者の声特集「高校留学の真実」ーAFS 交換留学生の証言 ...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

(9/24)カナダCovid情報- 高校教師が「生徒から感染の危険」を深刻視

ますますCovid-19の危険なニュースだ続くカナダです。   1.BCの学校教師たちが、学校再開による感染の危険についての保証を政府に要求しています。(CTV) 9月8日から18日の間に、56件の申立がありました。 (現在は更に多くなっていると思われます)   昨日は、West VancouverのSentinel Secondary Schoolの教師が生徒からCovid-19に感...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)
2020/09/25 10:32

【PodCast】まだまだある「留学」の大きな勘違い。「は? ん、ん?」

「英語ペラペラになりたい!」 。。。。で、何を話すの?   「海外大学進学します」 。。。。日本の高校のトップクラスの成績と高いTOEFL/IELTSが必要なのを知ってました?   「大学でビジネス英語勉強したい。」 。。。。そんな英語のジャンルはありませんよ。日本人が勘違いしているフレーズ暗記の英語のこと?   「留学したいです。 語学学校、ホームステイ、ボランティアの中で一番...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダ大学留学への3年計画-1年目にやるべきこと

パンデミックの影響が当分続く世界での大学留学。 オンライン授業も常態とならざるを得ない中、日本からカナダを始めとする英語圏の大学に進学し学位を取得するにはこれまで以上の高い能力が必要となりました。   しかし、New Normal世界で必須と言われるクリティカルシンキングスキルを完成させるためにも、英語圏でも特に安定したカナダの大学からの学位は一生を通じての大きな宝物になります。   そ...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダに転勤する親に伴う高校留学-親と一緒なので安心ですか?

親の赴任に帯同する高校留学は本人の自由意志ではない分、実は大きな負の部分が隠れています。 過去にも相当数同じような境遇の高校生を支援しましたが、勝手に方向変換も出来ない状況からの精神的負担により、その後の人生へのトラウマになってしまうケースが多々あります。  「高校留学」に一番必要なのは「親と一緒に生活する」ことではなく、「本人の持っている高い知的・学習能力」であることを、ぜひこの質問者に知っ...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

パンデミックのカナダ高校留学-3月からの時系列で描く大混乱

「カナダ高校留学の実態2019年総集編」eBook を公開して間もない2月の終わり。 コラムで初めて「新型コロナウイルス」について書きました。 まだその時には、ここカナダでは、中国・韓国・イタリア、そして日本での感染が大きく報道されていた頃です。 そこから現在6月5日までの間に世界を大きく変えてしまったCovid-19。 カナダ高校留学中の生徒たちに深刻な警告を発して来たコラムの内容...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

高校留学で頑張っている明るい話が聞きたいです

「カナダ高校留学の実態総集編」や、日々発信しているコラムをお読みになった方からこんなお尋ねがありました。 (個人情報保護のため内容は概要だけとしております。)    「高校留学の厳しい現実を読ませていただいております。 現実に背を向けるつもりはないのですが、良い話もお聞きしたいです。 実際にカナダ高校留学で頑張っている高校留学生の明るいお話はありますか?」  高校留学のご相談を受けるたびに...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

(May 15)カナダ高校留学速報- 留学スタッフ解雇続く

Covid-19に粉砕されていくカナダの高校留学事情です。   1.BC州発表:6月1日より部分的に希望する生徒が学校に戻れる予定   9月からどんな方式が可能かを探るのが理由   主には対面授業が必須の小学生だが、適用範囲は幼稚園からGrade12まで 小学校は以前の50%程度の時間と内容、高校は20%(週に1日)   Grade12に対しては、卒業前にもう一度クラスメートや教...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

Covid-19 カナダ高校留学- 落ち込み、暴力的になるカナダ社会

経済の大破綻、教育の劇的な停滞を目の当たりにしているカナダが焦り始めています。 サスカチュワン州は5月から段階的にビジネスをオープンすると発表しましたが、他の州はかなり慎重です。   学校再開への目処も全く立たず、少しづつ期限を区切っていたオンタリオ州は休校を5月末まで延長しました。 連邦政府、トルドー首相はかなり悲観的な見方をしており、ワクチンが開発されるまでは通常に戻ることはないとコメ...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

高校留学を諦める理由 - カナダが心配しているのはあなたではなく、あなたの払う授業料

カナダ高校留学から一時帰国した日本の高校生そして親のみなさん。 そろそろ残酷な現実が襲って来た頃ではないでしょうか。   付け焼き刃の「オンライン授業」開始までの混乱したメッセージの後には、カナダスクールボード(教育委員会)留学プログラムから「9月からの席の確保」「払込済みの授業料Refund」についての、やはり混乱したお知らせが届き始めたと思います。   注意して、細かいニュアンスも見...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダ - 高校留学に非常に厳しいコロナ予測発表

カナダでのコロナ感染者数が20,000に達した日、連邦政府がコロナ状況予測を発表しました。   未成年が親から離れて暮らす「高校留学」には益々厳しい事態の予測です。   ・現在取られている様々な制限がいつ解除されるは不明だが、感染数を抑え込むためには数ヶ月は続ける予測。 ・秋にも第2波が予想されており、ワクチン完成を見るまでは「制限された日常生活」が「普通」になる。 ・時間的な見通しは...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

英語の出来ない親が直面するカナダ高校からのオンライン授業

カナダの学校無期限休校は出口が全く見えません。 ほぼカナダ全土に及ぶロックダウンも遅くとも6月末か7月末、あるいはそれ以上も続くことが考えられている現在、学校が正常に戻る見込みは全くたっていません。   そんな中、各教育委員会・学校は大慌てで、前代未聞の全生徒オンライン化の準備中ですが、巨大な壁のように大きな問題が浮かび上がっています。   大学生のように独立し動機付け出来ている生徒が受...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

コロナでカナダ大学留学が延期になった時の解決法

「コロナウイルス」と聞いただけでため息が出るほど、少々疲れて来ましたね。 そろそろ前向きな話題がほしいです。   毎日カナダから速報を出している「カナダの留学事情」。 現地カナダを観察していると、ほとんどの日本人高校生は無事に帰国したようでほっとしています。 憎い「コロナウイルス」のせいで高校留学を中断せざるを得なかった高校生には、特別支援プログラム Canada Club E (eme...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

(Mar.26) コロナウイルス速報 - カナダ留学生へ

昨日までの情報はこちらから まだカナダに残る高校留学生がいることに恐怖さえ覚えています。 「うちの教育委員会はよくやってくれるから」「エージェントからのお知らせを待ってます」と。 未だに「すぐに帰国し、次の連絡を待つように」との忠告さえもない教育委員会とエージェントなどとっとと諦めて、一刻も早く自分の国に帰って下さい。    1.なんで未だにこんなのがアメリカ大統領!と吐き気のする...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

(Mar.25) コロナウイルスカナダ事情- 留学生への情報

昨日までの重大情報はこちらから    やっとギリギリで帰国出来た高校留学生からの連絡が届いています。 エージェントなど待たずに、スクールボードとの直接のコミュニケーションを取らず、エージェントにお任せ留学のツケですね。 これを契機にいかに親の直接行動が大切かがわかっていただけたことを大いに期待したいです。   大学生たちは比較的落ち着いています。 大人ですし、大学がかなり動いてくれて...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

緊急追加情報(Mar.12)カナダ留学・コロナウイルス

カナダ現地から、毎日悪化を続けるコロナウイルスニュース。 時間を追うごとに深刻さが増すカナダ政府発表です。   先程Mar.12情報をアップロードした後、アルバータ州、BC州政府から重要な発表がありました。  Mar.12 午後5時現在の緊急追加カナダ情報:   1.カナダから外国への旅行は避けるよう強く勧告   (BC州政府、アルバータ州政府、ケベック州政府発表) 国外に出るこ...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

コロナウイルス:カナダに留学予定・留学中の日本人への注意

世界のコロナウイルス感染状況、また日本の感染状況が刻々と変化する中、カナダに留学予定の日本のみなさんは日々変わるカナダ政府発表に注意しておいて下さい。   特に、未成年・親が同伴せず入国する高校留学生については、相当深刻な受入れ状況になっていることに留意の上、留学取りやめを第一の選択肢とすることも真剣に考慮して下さい。   春休みの短期プログラム、また学位取得に関係ない1年程度の高校体験、...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

自殺を口にする高校留学生の現実

あるネット相談に掲載されている高校留学生の悲痛な現実です。 (概要のみここに要約しておきます)    「自殺希望者です」   単刀直入に言うともう死にたいです。誰も相談出来る相手はいません。親ですら相談できません。

私は米国の高校四年生(18)です。親の仕事の都合で中3の頃から現地校に通っています。
 いろいろあって、4年生の成績と人間関係も滅茶苦茶です。

現地校に来た頃は英語が全く...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

中3です。7月から3年間カナダに留学します。

「カナダ高校留学実態2019年総集編」を公開した翌日のオンライン相談です。  正直、まだまだ活動はやめられない気持ちになりました。   本当の厳しさをすべて理解した上での高校留学であれば、何とか少しでも準備が出来るようアドバイスしたいですが、おそらくエージェントの夢物語を聞いてのことだと憶測しています。  「カナダの高校には来ないように。高校は親元で、母国語の日本で。」とのメッセージが届く...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダ高校留学実態2019年総集編 - eBook 公開

「高校留学に疲れました。日本に帰りたくて仕方ありません。 学校にいる 間は常に泣きそうな精神状態で、涙も出てきそうになるのであくびでごまかして ます。 心臓もずっと誰かに握られてるみたいな感覚で心が緊張しています。」   直接のご相談、またネット相談にあふれる悲痛な高校留学生の声に背中を押されるように「カナダ高校留学実態2019年総集編」の編集を行いました。    「学校のランチの時間は...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

高校留学生の悲痛な声が聞こえますか?留学生の親のみなさん

下記の悩みが留学相談サイトに掲載されていました。 胸を詰まらせながら読みました。   この方は親と一緒にアメリカに滞在し学校に通っています。 他人の顔色を見ながら暮らすホームステイではないだけ幸運だと思いますが、この悲痛な叫びはこの方だけの特殊なものではなく、英語圏留学中の日本人高校生の大多数が味わっている苦い毎日を実に鮮明に現しています。   「何一つ青春っぽいこともできず、陰キャの...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)
2020/02/01 05:29

カナダの法律は日本人高校留学生を守ってくれますか?

カナダの高校で頻発する暴力事件、しかも生徒間の暴行は、高校留学して来る日本人高校生にも大きな問題です。 しかも、事件が起こったあとの警察・学校、周りの対応も、また誰に助けを求めるかも、法律も知らず言葉も不自由なカナダでは更に難しいことです。 過去、日本人高校留学生同士のイジメ、暴行・恐喝事件などに介入し、警察や学校などと交渉した経験からもその難しさを痛切しています。 ひとつ対応を...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

大学学位取得の留学には絶対エージェントは使わないこと

「カナダ大学留学」をインターネットで検索してみて下さい。 語学学校経由を勧めるエージェント、カレッジと名前のついている語学学校もどきを勧めるエージェントがいっぱい。 州立のカレッジの語学コースを勧めるエージェントもいますが、要注意。 大きな落とし穴がどっかーんと存在しますよ。   【質問】  現在高校生です。 私は将来、海外で看護師になりたいと考えています。

いろいろ調べたところ、...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

通学は徒歩90分、食事は残り物の高校留学ホームステイ

カナダ高校留学でのホームステイ実態がますます悪化の一途をたどっています。   カナダの全国ニュースCBCが一面記事で報道している悪質ホームステイ。 高校留学を予定している日本の親子のみなさん、本当にこんな中に飛び込んで来るつもりですか?   ー爆発的に増え続ける中国人高校留学生を狙うホストファミリーがが、多額の費用を前払いさせ、約束とは全く異なるひどい扱いを続けている。  絶えきれず、...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダ高校留学-2019年のワースト8

大きく大きく変化しているカナダの高校留学事情の中、2019年も衝撃的な事がたくさん起こりました。 カナダ政府も規制を厳しくし、地元カナダ人からの留学生への反感も強くなり、孤立無援の高校留学生が迷子になるケースが多発しました。 エージェントが囁く大嘘「カナダの高校は簡単ですよ」、カナダ留学フェアでのニコニコSalesmanの言うことを真に受けカナダにやって来たものの、結局帰国という結果になった日...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダ留学はひび割れだらけで崩れかけ

2019年9月にカナダのニュースThe Starがカナダに来る留学生がどのように扱われているかの実態を報道ししています。   PRICE OF ADMISSION International education in Canada is booming — but the system is flawed. Here’s how to fix it   カナダの留学生プログラムは盛況を極...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

UBC内の語学学校からUBCに入学!は嘘

世界的に有名なカナダの大学University of British Columbia 構内に語学学校があります。 English Language Institute と名前がついています。 キャンパス内にあること、そしてUBCのロゴまで使っていますので、まるでUBC付属のように勘違いさせるうまいMarketingだなぁと常々思っていました。 やっていることは巷の語学学校と同じなのに...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダ高校留学-カルガリー学区300名教師削減

昨年アルバータ州が保守政権に変わって以来、留学生には劇的にマイナスな変化が起こっています。   教育予算削減がその目玉。     今日のCBCニュースによると、州政府の予算カットにより、カルガリー学区の教師が300名首になるとか。   高い高い授業料を払って、遠いカナダにやって来ても教師の数が少ないため、留学生へのケアには手が回らない状況が生まれそうです。   また、高校で必要なコ...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダ高校留学物語-カナダを去る

「一体カナダで自分が何をしているのかわからない」「日本に帰りたいけど、それもよくわからない。」 今までに遭遇した迷える日本人留学生と親からの相談を、警告の意味を込めたストーリーにしました。 プライバシーを守るため、脚色し、フィクションとして構成してあります。   日本の親のみなさん、これが「カナダ高校留学」の現実です。 Chapter 4 - 「カナダを去る」 エージェント...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダ高校留学物語 - 自分だけが迷子

高校留学中の日本人から頻繁にSOSが飛び込みます。 特に今年になってからのトラブルのレベルに驚愕。   未成年の個人に関することですので、具体的な件については公開致しませんが、今までに遭遇したケースを織り交ぜ 「カナダ高校留学物語」としてストーリーにしてみました。 ここに出てくる詳細はすべて実話に基づいています。   こんなことが日常に起こるのが「高校留学」です。 エージェントの大嘘...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダへの修学旅行 - 酷すぎるホームステイ

カナダでのホームステイ状況の劣化が叫ばれて20年以上経ちます。 エージェントの嘘が暴露されてやはり20年以上経ちます。 「修学旅行」と称し、生徒をカナダに送り出す学校は、修学旅行の内容は業者に丸投げ。 実際にカナダで生徒たちがどんな目にあっているのかにも、全く考えが及ばないようです。    この秋も日本の高校生が修学旅行と称してカナダにたくさんやって来たことと思います。 その実際...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダホームステイ-日本の子供がこんなひどい扱いを

本当に起こっている惨憺たるホームステイの現状についてのコラムをたくさん書いています。 その中で、昨日公開した「ホームステイで毎日自分で冷凍食品を温めて食べてるのは普通ですか?」への衝撃的な体験談が届きました。 短期のホームステイプログラム、また長期留学でのホームステイに向かう日本のみなさんのために、その体験を公開致します。 日本の高校や中学が我も我もと行っている短期英語研修と...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

ホームステイで毎日冷凍食品で自分で温めて食べてるのは普通ですか?

ホームステイで困惑する日本人生徒が多いです。 トラブルがないホームステイというのはまずあり得ませんが、ピンからキリまであるホストファミリーの質には驚愕です。 最近多いホームステイ形態。 複数の学生を地下室に間仕切りをしただけで住まわせ、食事も別、ホストとの接触はまずなし。 夜は地下室と上の階とのドアに鍵をかけて上がってこれないようにするなどのひどいケースもあります。    【...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダ高校留学-アジア人のいない所を教えて下さい

こんな質問に回答したコラムを書きました。 「冬も寒くなく移民の少ないカナダ高校留学先を教えて下さい!」   高1です! はじめまして来年の9月からカナダに高校留学をする予定です^_^ BC州にしようと思っているのですが、その中でもセメスター制で比較的冬も寒くない地域で田舎すぎず移民より現地の方が多い地域はありますか ? かなり難しい質問ですがもしよかったら教えてください(^^)   ...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

ホストが誘ってくれるけど行きたくありません

ホームステイには実に多くの問題が起こります。 放ったらかしで何もしないホストも問題ですが、構われすぎると実はもっと困った状況に陥ってしまいます。   日本人高校留学生はとても「幼く」思われていますので、「この子を構ってあげなくちゃ!」と張り切るホストも多いですが、実はそれが留学生自身には結構な負担となります。   そこから抜け出すには、留学生本人がもっと精神的に自立し、ホストと十分な...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

ホストファミリーって儲かるんですか?

ホームステイについての現実的な質問が舞い込みました。 そうですよね、悪質なホームステイで甚大な被害を被るのは留学生本人ですから。 留学生みんなが実態をよく認識しておくことが大切だと感じます。 日本からやきもきする親のみなさんも、ホームステイは問題だらけであることをよくご理解の上、子供さんを送り出して下さい。   【質問】   ホストファミリーを受け入れてる海外の人って儲かるんですか?...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダ高校留学 - 新学期への対処の仕方

この9月、また多くの高校生がカナダにやって来たことでしょうね。 新しい学校、ホストファミリー、環境の大きな違いにアタフタと戸惑っているのでは。   最初の1週間は、何が起こっているのかよくわからないまま夢中で周りに合わせようと頑張る。 2週目になると、現地カナダの高校生は普通モードに戻り、授業もどんどん進み始める。 「英語力が不足」と頭から決めつけられている留学生たちは、団子状態でESL...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダ高校留学-負債まみれのホストにあたりませんように

CBCニュースより最近のカナダ情報。 ブリティッシュコロンビア州で、消費者破産の割合が急激に増加した夏でした。 あらら。   カナダ高校留学する日本人生徒が集中しているBritish Columbia州、特にVancouver周辺地域。 9月の新学期には新しいホストファミリーの家に到着したり、”I’m back!”と戻って行く高校留学生がたくさんいると思います。   「あれ?」とホス...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

ホームステイ先で殺されるのではないかと心配です

またしてもアメリカホームステイ中の日本人からの悲鳴です。 アメリカのホームステイ事情が目を覆いたいほとひどいことは別として、この相談には「日本からの視野」でしか考えられない幼さも感じます。 このような狭い考えのまま、現在のアメリカに留学することは大きな危険をはらんでいるようです。 【質問】  ホームステイ先で殺されるのではないかと心配です。 私は今アメリカに留学しており、4日目です...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

崩壊寸前の「アメリカ交換留学の実態」

アメリカへの交換留学団体は一体何を考えてこんな状況に日本の未成年を送るのでしょうか。 日々増え続ける相談です。 それも、留学前から(出発直前でもホストが決まらない!)到着後すぐ(来てまもないのにホストとトラブル、などなど)のご相談が多くなりました。 アメリカへの交換留学、飽和状態を通り越して崩壊寸前だと感じます。 アメリカで交換留学中、困っている方はどんな些細なことでもいいですか...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダ高校留学 - 隠し続ける深刻なホスト不足

2012, 2013年のカナダローカルニュースを調べているうちにこんな現実に遭遇しました。 School Boardが管轄する高校留学プログラムが「ホストファミリーになりませんか〜」広告や記事を載せています。 かなりの数に上ります。 実は2012年よりももっと前からホスト不足は大きな問題だったのですが、州政府が「もっと留学生を入れろ〜〜〜」と旗振りをし、各受入れ学区も授業料収入に目がく...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

カナダ高校留学の隠れた膿 - 面倒をみない後見人

カナダに未成年が単独で留学する場合、親に代わってケアをし緊急の場合の決断をする大人を後見人(custodian)として指名する必要があります。 州により後見人の必要な年齢は微妙に異なりますが、高校留学生の多いBC州では19歳未満の場合、後見人なしでは学生ビザが発行されません。 後見人とはImmigration & Citizenship Canadaのサイトにこう書かれています: “A...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

アメリカ高校交換留学 - きな臭い影の存在

今年になってからアメリカに交換留学中、留学中のご相談が4件ほどありました。 私はカナダ在住、カナダの高校・大学教育に首を深くまで突っ込みほぼ30年になりますので、いわばカナダ留学の専門ですが、出来る限りのリサーチを行いご相談に応じています。 具体的なトラブルをお聞きし、対応するため調べている最中に、どうもきな臭い現実に遭遇しました。 現在の所は仮説の範囲を出ませんが、いただいたご相談す...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

「お金に甘いカナダ人?」- ホストファミリーに現れる社会現象

 カナダの抱える問題のひとつ「経済は好調なはずなのに、借金に喘ぐ人が多い」が、頻繁にニュース記事を賑わせています。 「カナダのホストファミリーの経済事情 - 借金に喘ぐ懐具合」というコラムを半年前に書きましたが、まだまだその問題解決は遠いと感じるカナダ事情です。 カナダの一般家庭は、$1の収入に対して$1.78もの負債を抱えているとコラムで紹介しましたが、その状況は依然として続いてい...(続きを読む

大澤 眞知子
大澤 眞知子
(英語講師)

205件中 1~50 件目

お探しの情報が見つからないときは…?

専門家に質問する

専門家Q&Aに誰でも無料で質問が投稿できます。あなたの悩みを専門家へお聞かせください!

検索する

気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

検索