高橋 昌也(税理士)- コラム「消費税の特徴:間接税」 - 専門家プロファイル

高橋 昌也
「税務×経営コンサルティング」の複合サービスを提供します

高橋 昌也

タカハシ マサヤ
( 税理士 )
高橋昌也税理士・FP事務所 税理士
サービス:0件
Q&A:0件
コラム:4,930件
写真:0件
お気軽にお問い合わせください
044-829-2137
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
印刷画面へ
専門家への個別相談、仕事の依頼、見積の請求などは、こちらからお気軽にお問い合わせください。
問い合わせ
専門家への取材依頼、執筆や講演の依頼などは、こちらからお問い合わせください。
取材の依頼

消費税の特徴:間接税

- good

経営 経営実践 2022-12-01 08:00


おはようございます、ついに師走です。
今年もまた、あっという間に過ぎ去っていこうとしています。


自著『高校生からはじめる投資のはなし』について。
動画配信もはじめました!


消費税の基礎についてお話をしています。
まず消費税の税金的な特徴について確認します。


消費税は間接税の一種に分類されます。
間接税というのは「税金を負担する人と、税金を納める人が異なる税金」のことです。


例えば皆さんがコンビニでボールペンを1本100円で購入したとします。
そうすると、皆さんはレジで100円に消費税10円を上乗せして、110円を支払います。


このとき、消費税10円を負担しているのは、購入した皆さん自身です。
ではその10円を税務署に納めるのは、誰の仕事でしょうか?


そう、皆さん自身ではなく、そのボールペンを購入したコンビニ側のお仕事です。


いつもお読みいただき、ありがとうございます。


カテゴリ 「経営」のコラム

情報伝達技術の向上(2023/02/06 08:02)

金融経済の拡大(2023/02/05 08:02)

実体経済と金融経済(2023/02/04 08:02)

経済と尺度(2023/02/03 08:02)

プロフィール対応業務経歴・実績連絡先・アクセスコラム