扶養 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養

マネー 年金・社会保険 2008/03/31 17:33

同居している内縁の夫なのですが
来月から 彼の実家の母と娘を書類上、扶養したい‥と
実家の二人は、母名義で都営住宅に入居しています。
彼は私の所で暮らしていて多少の生活の面倒も見てくれています。
都営住宅の名義も書き換えなくてはならないのでしょうか?
住所は別で二人を扶養する事は可能でしょうか?

ふくふくさん ( 埼玉県 / 女性 / 40歳 )

回答:2件

岡崎 謙二 専門家

岡崎 謙二
ファイナンシャルプランナー

- good

扶養の件について回答します

2008/03/31 20:11 詳細リンク

こんにちわ、FP岡崎です。

社内の社会保険労務士に確認しまして回答致します。

結果からいうと実母、実娘さんが生計維持関係(年収130万未満)であれば
扶養となります。

あと扶養以外の件、都営住宅は名義を変更しなくてよいでしょう。その他に生命保険の受取人などはチェック要ですね。

回答専門家

岡崎 謙二
岡崎 謙二
(大阪府 / ファイナンシャルプランナー)
株式会社FPコンサルティング 代表取締役
06-6147-7147
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お金の相談10000件以上!ここで培った経験が自信です!

ライフプランに関する相談業務はスキルや対応力も必要ですが、ケーススタディの蓄積が問題解決には重要です。これまでに3000件以上の相談を受け、そこで培った問題解決能力で、最適なアドバイスをさせていただきます。

岡崎 謙二が提供する商品・サービス

その他サービス

住宅メーカー紹介サービス

大手住宅メーカーを検討されている方必見のサービス 10社から選べて大幅割引特典あり

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

扶養の事実があれば・・・

2008/03/31 18:00 詳細リンク

はじめまして、ふくふくさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野です。


この分野は、専門ではないのですが、少しお答えさせていただきます。

住所が違っても、ふくふくさんの内縁の旦那さまが生活費などの面倒をみておられるようでしたら、扶養として認められると思います。

詳しくは、社会保険労務士の方へご相談されると良いでしょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

遺族年金受給資格について midorikunさん  2012-11-09 14:13 回答1件
遺族年金受給者を扶養に入れることについて Sutherlandさん  2012-03-05 18:39 回答1件
別居の親を扶養親族にする場合 ミストさん  2011-06-16 17:19 回答1件
扶養家族について 56nnさん  2010-06-28 07:18 回答2件
別居中の母を扶養に入れたい nenesamaさん  2008-12-15 10:47 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)