南側高低差の擁壁について - 住宅設計・構造 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

南側高低差の擁壁について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2022/01/29 08:06

現在土地の契約前ですが、一点気になる点があります。土地南側に2メートル以下の擁壁があり、図面や管理の取り決め、検査済証などはないようです。石積みの擁壁ではないし、土砂災害警戒区域でもないので崩れないと仲介不動産に聞いたのですが、古家は昭和55年築ですし、その頃に出来たものだとしたら、40年以上経っています。
擁壁工事となると工事費がかなり掛かると聞いたので心配しています(今の擁壁がいつまで持つのか、やり直すことが必要になった場合の費用など)。
現時点で上記不安を解消できる方法がありましたら、ご教示いただけますと幸いです。

ぴの0119さん ( 東京都 / 男性 / 35歳 )

回答:2件

擁壁について

2022/01/29 11:20 詳細リンク

擁壁の状態を文章のみで判断するのは難しいのですが、古屋を建てた際の確認申請、検査済み証があり、その図面に擁壁が明記してあれば、検査を受けている場合があるので検査期間に問い合わせしてみることもできます。
検査済証がない場合は、新しく建物の基礎と擁壁の距離や角度を指摘され、擁壁から建物をはなさないと建築許可が降りない場合がありますので注意が必要です。
この場合は擁壁近くまで建物が建てられない、建物形状が制限されることもあります。
行政により擁壁の扱いが異なりますので問い合わせが必要です。

検査済み証
確認申請
建築
基礎

回答専門家

中村勝己
中村勝己
(広島県 / 建築家)
中村勝己建築設計事務所 
082-276-1241
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

目指すは大らかでゆったりと過ごせる気持ちのいい空間の家

昼夜問わず演奏可能な本格的音楽スタジオを持つ家。街の中でも風や光、豊かな自然を感じる家。あなたや家族の思いを受け止め、工夫とアイデアで予想以上の空間を実現、思いや夢をカタチにします。五感で感じるお気に入りの場所を一緒につくりましょう。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

擁壁のある土地を購入すべきか

2022/01/29 18:01 詳細リンク

はじめまして
擁壁の扱いは他の先生も仰るように行政により取り扱いが変わります。

建物の重さで地中の土圧が擁壁にかかり、倒壊しないように距離や角度(安息角)などを確認する必要が出てきます(参考:画像1)

南側に擁壁があるという事で建物位置は擁壁から離し、採光を取り入れる配置となれば、地盤調査の結果次第では、杭工事や地盤改良など必要ない可能性もありますね。
但し、地下水位が高いと未曾有の豪雨時など水圧で擁壁が崩壊するケースもございます。

擁壁の高さにより、コンクリート構造の配筋など基準が変わります(参考:画像2)

敷地周辺状況が分かりませんが、これから新築され長く住まわれるのですから、擁壁は新規で造成される方向で考えたほうが、建物が経った後で崩れ、やり替えるより安く済みます。

以下の手順でご確認されては如何でしょうか。
1.敷地の各所に「境界杭」の有無を確認し、擁壁が敷地内なのか共有なのかなど不動産会社と確認する
2.既に建築設計事務所や建築される工務店が決まっていれば、「建築士」に擁壁のやり替え金額など確認してもらう
3.未だ建築計画をお考えでない段階であれば、区市町村の都市整備部や建築指導課などへ相談する。その際は「図面や管理の取り決め、検査済証などがない」旨をお伝え下さい。

3の場合、近隣がどのような手続きをしたか、どのような擁壁にすべきか教えてくれる行政もございます。

簡単ですがご参考になれば幸いです。

補足

ぴの0119様
新たに敷地詳細を載せたご質問を別のスレッドに挙げておられますが、連続した内容として補足に書かせて頂きます。

擁壁の寿命は30-50年と言われてますので、先ずは現状が危険か否かの判断が必要です。
東京にお住いとの事ですので、区によっては擁壁改修専門家派遣制度があるので利用されては如何でしょうか。
(参考:世田谷区)※2m以上のケース
https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kurashi/005/003/004/d00151337_d/fil/reaflet.pdf
(参考:北区)
https://www.city.kita.tokyo.jp/kenchiku/kenchikubousai/documents/adoyoko.pdf
(参考:助成金制度)
https://www.city.shinjuku.lg.jp/content/000244981.pdf


東西の家と一体型の「共有擁壁」の場合、自分の土地だけやり替えるのは構造上おすすめできませんので、アドバイザーのご意見を聴くのが宜しいかと思います。

擁壁に関し、宅地造成規制区域ではなく図面や構造計算書、検査済み証、隣地との管理の取り決めもないということで、東西の住民の方達はお声掛けしなければ今後も改修などのお考えはないと思います。

引越後に近隣のお付き合いをされるわけですから、アドバイザーの情報を共有し危機管理をするか、「うちは関係ない」という態度をとられるようなら、共有擁壁の概念ではなく1件毎に安全対策をするつもりで、ぴの0119様敷地範囲の擁壁をやり替えるのもアリではないでしょうか?

建築設計事務所なら、その辺りの確認や交渉も間に入ることが可能ですが、ハウスメーカーさんは基本的にそこまでタッチしないと思いますので、ご自身で動くつもりで頑張ってください。

杭工事や基礎工事に際し、掘削して近隣建物が不同沈下を起こさないよう山留の仮設費用も考慮しておいた方が無難です。

ご参考になれば幸いです。

杭工事
水圧
地盤改良
擁壁
地盤調査

回答専門家

齋藤 進一
齋藤 進一
(埼玉県 / 建築家)
やすらぎ介護福祉設計 代表
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅までやすらぎの空間を

医者に外科・内科等があるように、建築士に介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?人生100年時代を迎えた今、子育て住宅から高齢者・障がい・車椅子住宅など終の棲家まで、ライフステージを考えた安心して暮らせる機能的な住まいを一緒に創りましょう

齋藤 進一が提供する商品・サービス

対面相談

バリアフリー住宅(新築・リフォーム/リノベーション)のご相談

終の棲家としての「介護福祉住宅・障がい者住宅・車椅子住宅・高齢者住宅」の考え方をアドバイス致します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

擁壁&高台の土地調査について malosukeさん  2016-06-30 01:57 回答1件
地盤と擁壁について stsyrupさん  2015-04-19 14:49 回答1件
傾斜地に立つアパートの危険性についてお願いします。 ソイココさん  2017-01-11 18:21 回答1件
都心の狭小地における設計 DEITEさん  2016-08-27 22:03 回答4件
【至急/困っています】擁壁の安全性について hiro0921さん  2015-05-15 12:38 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

注文住宅やハウスメーカーの契約に関する個別相談

注文住宅やハウスメーカーとの契約などのお悩みを個別に解決します!

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(お金と住まいの専門家)

対面相談

自分スタイルの住空間デザイン相談

新築・リノベーション・インテリアなど自分らしい住まいづくりをするために考えます

酒井 正人

サカイデザインネットワーク有限会社

酒井 正人

(建築家)

対面相談

【関西圏限定】戸建て住宅の設計・見積・契約書をプロがチェック

注文住宅や戸建てなどの契約前・後に設計・見積が適正なものか中立的なプロがチェックします! 

寺岡 孝

アネシスプランニング株式会社

寺岡 孝

(お金と住まいの専門家)