生命保険の契約を取り消したい - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

生命保険の契約を取り消したい

マネー 生命保険・医療保険 2016/09/20 22:26

とある保険見直し相談の会社が主催する「女性のためのマネーセミナー」に参加しました。
その後、そこで講師をしてくれたFPの個別相談を受け、そのFPが提案してきたアクサ生命のユニットリンクに加入したのですが、こちらの契約を取り消したいと思っています。

相談の際、死亡保障は一切いらない、老後の資金について聞きました。
65歳までに1500万円位貯めるにはどうしたらいいのかと相談し、
「10年間だけ頑張ってみませんか? 月々65000円を10年運用すれば、65歳で1500万受け取れます」と回答がありました。
私は手取りで月15万円程で65000円は払えないのですが、貯蓄が500万あり、貯蓄から月々25000円運用に回しましょう、との提案がありました。
保険設計書に死亡した場合3750万円と記載があったので、死亡保障はいらないと言いましたが、月々65000円運用するとそれだけ支払われますということで、生命保険の死亡保障という説明ではなく、返戻金といったような説明でした。

しかし、届いた保険証券を見ると10年と言っていたのに、契約満期年齢が75歳と記載があり初めて知りました(説明はなし)。
FPに確認したところ、10年といったのは10年後に自分で払済プランに変更する手続きをして成り立つものと、そこで初めて言われました。
また先月運用状況を確認しようとHPを見たところ、月々65000円引かれているのに、運用されているのは45000円程度でした。
運用されていない2万円について、しおりや確認書類を見てもどこにも載っていないですし、FPに確認のメールを入れたところ、「メールでは仕組みをわかりやすく説明できないので直接会って、もう一度、ユニットリンクが長期資産形成においていかに優れているか説明したい」と質問への回答はいただけず、その後、メールしても返信なし。

こちらで相談をさせていただき、2万円は、私には必要のない死亡保障の分と知りました。

資産運用と言って貯蓄を崩させてまで高額な生命保険の保険契約をさせられたこと、資産運用の説明しかされていないのに生命保険に加入させられたこと、必要な説明がされていないことなど、含めて、契約自体を取り消したいと思っていますが、可能でしょうか?

問題を認識してからHPでいろいろと調べたところ、全く同じようなトラブルが多発していることを知り、私も騙されてしまったのだと、自分の無知が悪いと思いつつもショックを受けています。

miyamiya407さん ( 東京都 / 女性 / 39歳 )

回答:3件

あり得ない提案に驚きを禁じ得ません。

2016/09/20 22:47 詳細リンク
(4.0)

miyamiya407 様

こんばんは。ご利用をありがとうございます。大泉稔です。
あり得ない提案に驚きを禁じ得ません。

まず、クーリングオフが可能な期間か否かの確認です。
「契約の手続き」もしくは「1回目の保険料の領収日」のいずれか遅い日から
(その日を含めて)8日以内でしたら、クーリングオフが可能です。
もし、クーリングオフが可能な期間でしたら、クーリングオフの手続きをレクチャーします。

クーリングオフが可能な期間を過ぎてしまっていたら、
アクサ生命に直接、申し出てみてはいかがでしょうか?
(被害を被っている所へ、直接、交渉は大変だと思いますが)。

アクサ生命に言って、解決が難しければ、消費生活センターに相談、と言う方法があります。

miyamiya407様は、東京の方ですよね?
もし、お互いの都合が合えば、お会いして、相談を承ります。


ユニットリンク保険は、販売者のコミッション(販売手数料)が、非常に良いので、
販売者には非常に人気があります。

それにしても、miyamiya407 様への提案は酷すぎますね。

アクサ生命
消費生活センター
ユニットリンク
大泉稔
クーリングオフ

評価・お礼

miyamiya407さん

2016/09/22 10:47

ご回答ありがとうございます。
保険加入からすでに5か月たっており、クーリングオフ期間はすでに過ぎていました。
なぜ、もっと早く気付かなかったと、自分の無知と慎重さを欠いた行動に悔いております、

回答専門家

大泉 稔
大泉 稔
(東京都 / 研究員)
「保険と金融」の相続総合研究所 
050-3736-2778
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

突然の相続で…困っていらっしゃいませんか?

突然の相続で…「株式や投資信託を相続して」困っていらっしゃる方。多額の生命保険金を受け取って戸惑っていらっしゃる方。お気軽に、ご相談ください。

大泉 稔が提供する商品・サービス

レッスン・教室

FP試験対策 個別指導塾(プライベートレッスン)

悩めるFP受検生をお救いします!

対面相談

生命保険の見直し&診断 (保険商品の提案や勧誘は行いません)

商品の提案や勧誘を行わないので…とことん中立! とことん貴方のために!

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

1 good

生命保険契約のトラブルについて

2016/09/21 15:57 詳細リンク
(5.0)

miyamiya407様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナーの森本直人です。

最近、“無料のFP相談”で、同じようなトラブルが増えていると、私も感じています。

今回、miyamiya407さんの目的にかなった選択肢として、一般的な投資信託や個人型確定拠出年金など、他の候補もあったはずで、もしそれらが全く案内されなかったとすれば、FP相談とは、“似て非なるもの”であった可能性が高いです。

保険のセールスのみが目的なら、堂々とそのように名乗ればよいと思うのですが、なぜか、“無料のFP相談”と謳われてしまうことが多いです。

FP業界歴10年ですが、この問題はずっと悩まされてきています。

本気で生活者の側に立ったアドバイスをしたい、と志をもって、FPとして、活動している人も多いのですけどね。。。


今回、miyamiya407さんとしても、何がいけなかったのか、ご自身なりの反省点は整理しておいた方がよいと思います。

無料でFPに相談できる、という言葉に安易に乗っかってしまわなかったか、契約する前に商品内容をもっと調べられなかったか、などです。


なお保険契約は、解約ではなく、契約取消にしたい、ということであれば、担当者レベルでは解決できないので、保険会社と直接交渉するか、一般社団法人 生命保険協会の「生命保険相談所」に相談する方法になると思います。

ただし、言った言わないのような争いになることは、覚悟しなければなりません。

もし保険会社との争いに発展する場合は、裁判外で争いを解決する手段として、「生命保険相談所」に設置された「裁定審査会」を利用する方法もあります。

裁定に要する費用は無料とのことです。

解約
相談
ファイナンシャルプランナー
トラブル
生命保険

評価・お礼

miyamiya407さん

2016/09/22 11:16

ご回答ありがとうございます。
改めて契約時の書類を確認し、契約時の状況を整理したところ、冷静に考えたらおかしなことが多いことに気付きました。
2回面談があったのですが、1回目は商品名を出されず設定書とPCを使っての説明でした。その設定書を欲しいとお願いしましたが、何かの理由でお渡しできないと言われました。
2回目の面談の契約時、設定書を頂きました。
その設定書でFPが開いたページを一緒に確認し、確認したということでその場で契約書の確認事項に○を付けました。
返し際に、契約締結前公布書面の冊子を他の分厚い冊子と一緒に黒いホルダーに入れて渡されたので、契約前にはその存在を知らずに契約書にサインをしてしまいました。
2回目に渡された設定書を改めて読むと「契約締結前公布書面を必ずお読みいただき、確認の上、ご契約ください」と記載がありました。
1回目に言われた印鑑を忘れてしまい、家に持ち帰ったのですが、その際に5月に間に合わすために家に帰ったらすぐ印鑑を押し、その日のうちに投函するように言われました。
契約書の年収欄も、私の年収より多い、「401万~600万」に○をするように指示され、満期年齢、死亡保障金額、保険料は私ではない、おそらくFPの字で記入があります。
冷静に考えるとおかしいことばかりなのに、なぜその時は何の疑問も持たず、FPを信用して契約してしまったのか、冷静でなかった自分の行動を恥じています。

アクサ生命にHPから苦情と契約取消の連絡を入れ、アクサの人からの連絡が留守電にはいっていました。
折り返し時、担当者もう帰ったしまっとのことで改めて連絡を待っているところです。

自分の落ち度もありますが、やり方がおかしいと思うので、納得いくまで解決に臨み行動したいと思います。

森本 直人

2016/09/23 12:51

コメントありがとうございます。
いただいた経緯を拝見すると、やはりこれはFP相談ではなく、保険のセールスのみが目的だった可能性が高いですね。

ちなみに、正式なFP相談では、利益相反事項を開示するルールになっていますので、FP相談を名乗るのであれば、この契約で受け取る手数料の概算、営業ノルマはあるのかなど、ずばり尋ねてもよかったと思います。

もし保険会社との契約で開示できないなどの場合は、少なくともどんなビジネスモデルになっているかを尋ねるべきでした。

ほぼすべて保険の手数料で成り立っているとすれば、保険商品への誘導傾向が強いビジネスモデルと判断できます。

いずれにしても、何かの契約をする際は、「いいなり」は避けた方がよいですね。
今回は特に、miyamiya407さんにとって、1500万円の老後資金を作る目的の大きな契約であったはずです。

不審な点があれば、率直に尋ねる、判断材料をできるだけ集めて、その上でおかしいと思ったら、きっぱりと断る、という行動が求められます。


それから、FP相談の見分け方として、いきなり「商品説明」が登場するのはおかしいと見た方がよいです。

良心的なFPであれば、「答え」を押し付けるのではなく、相談者の状況や理解レベルに応じ、時間を掛けて「考え方」や「判断材料」を提供してくれることがほとんどです。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ

小川 正之

小川 正之
ファイナンシャルアドバイザー

4 good

目的やご意向に合わせた金融商品選びをしてください。

2016/09/21 11:30 詳細リンク
(5.0)

miyamiya407様

はじめまして。
私、マネーアドバイザーズトウキョウ株式会社の小川正之と申します。
miyamiya407様のもう一方のご質問の内容も踏まえた上で回答させていただきます。

「生命保険の契約を取り消したい」とのことですが、クーリングオフが可能な期間を過ぎている場合には簡単に取消をすることができません。
労力を要しますが、生命保険代理人の誤認勧誘とも言えますので生命保険会社に苦情として申し出てみるのも一つの方法です。それでも解決できない場合には金融ADR制度を利用するという方法もあります。保険業務に関する指定紛争解決機関は社団法人生命保険協会に申し出ることになるはずです。http://www.fsa.go.jp/policy/adr/
しかしながら、上記で解決できなかった場合や労力を掛けずに終わらせたいとのご意向であれば中途解約という選択肢になると思います。中途解約ですと今までの保険料が損失額となってしまいます。

無料のマネーセミナーからFPの個別相談に繋いで最後は保険加入(アクサのユニットリンクなど)というのは、保険代理店をしているFPのお決まりのパターンの一つです。そのようなFPは保険等の金融商品を販売して収入を得ていますので、miyamiya407様のような相談者様にとっては善い相談相手とは言えません。
死亡保障や医療保障などが目的であれば保険商品が有効な手段となりますが、‟老後の資産づくり・資産形成”が目的であれば保険商品に拘る必要はありません。むしろ、もっと低コストな投資信託をNISAで積み立てたり、確定拠出年金を活用する等の方法の方が変額保険よりも合理的だと思います。ユニットリンク内の特別勘定(運用商品)の運用関係費用は高いですし資産形成・資産運用には不向きです(死亡保障も目的にしているのであれば良いと思いますが…)。

「65歳1,500万円」というmiyamiya407様の目標に対して、当初の10年間で高額な保険料を払い込んだ上で払済にして、そこから15年間は積み立てなしで運用だけにして…という提案には悪意を感じます。私の印象としては、FPが代理店手数料を稼ぐための設計にしていると感じました。
また、月6.5万円を10年で780万円の払込保険料、それがそこから15年後には1,500万円になっているというのは数字の面でも現実的ではありません。どのようなポートフォリオにしたのか(どの運用商品を選んだか)は分かりませんが、不可能に近いと思います。高いリターンを追及すればそれだけリスクが高くなっている可能性もありますし、損失を被る可能性だってあります。セミナーでドルコスト平均法の紹介があったかもしれませんが、それは積立投資による時間分散ですので、この設計ですと当初の10年間だけの話になります。後半の15年の方が重要になりますが、そのFPは入り口と夢物語ばかり話をしていて、中間の管理・運用や出口に関するアドバイスが疎かになっています。手数料目的で相談者のことは何も考えていないFPの典型だと思います。

私がmiyamiya407様に提案するとしたら下記のような感じになるでしょうか。ご意向など詳細を伺っておりませんのでイメージとして提案しますので、あくまでご参考までに。
今ある貯蓄500万は定期預金か個人向け国債が無難だと思います。必要な時に簡単に現金化できる資金も持っておいた方が安心です。低金利ですので利息は無視して、この資金は65歳時にも500万円であると仮定します。1,500万円という目標を達成するために残りの1,000万円を毎月の収入から準備していきます。
勤務先に退職金制度がないとのことですので、個人型確定拠出年への加入資格がある可能性が高いです。現在の制度としては、掛金は月2.3万円が上限になりますし60歳までしか拠出できません。しかしながら、掛金の全額が所得控除になるので所得税・住民税の節税メリットがあります。また、60歳以降に一時金として受け取る場合には退職所得控除の対象になります(加入期間に応じて非課税枠があり、例えば加入期間20年であれば800万円まで非課税です。)。ですので老後の資産づくり・資産形成としてはこの制度を優先的に活用するべきだと考えます。毎月の収入の中から月2.3万円×20年を年率3%で運用できれば約750万円になります(非課税です)。
残り250万円のつくり方としては…毎月の収入の中から更に追加で月1万円を積み立てできるならそれを預貯金にすれば達成できます。追加での積み立てが難しいのであれば確定拠出年金の運用を積極的にするか積み立てが終了した60歳以降も65歳までは運用し続けるか、または数千円でも積み立てが可能であればNISAで投資信託の積み立てるか…という感じでしょうか。

ザックリとした提案で申し訳ありません。miyamiya407様には色々な選択肢があるということだけでもご理解いただければと思います。また、FP等のアドバイザーにも色々な人がいます。特に相談料が無料のFPには特に気を付けたほうが良いと思います。


長文失礼いたしました。
以上、一つの情報としてお役立ていただければ幸いです。
ご質問やご相談等がございましたらお気軽にお申し付けください。

マネーアドバイザーズトウキョウ株式会社
小川 正之
http://www.money-advisers-tokyo.com/

評価・お礼

miyamiya407さん

2016/09/22 10:57

ご回答ありがとうございます。
個別相談で、ドルコスト法の説明をされながら、PC画面で、クリックするたびに数字が倍になる様子を見せられ、時間をかけるとこれだけ増える旨を説明されました。
世界中の厳選した株で運営するので、「大暴落することはない、戦争が起きて世界がつぶれない限りない」と言われました。
また個人年金や確定拠出年金はインフレに対応していないと鼻で笑われました。
今となっては、何でその時まるで洗脳されたように信じてしまったのだろうと、恥ずかしく思います。
小川様の様な他のFPの方にも相談して総合的に決めなければいけないことでした。
この件が片付きましたら、また相談をさせてください。

小川 正之

小川 正之

2016/09/22 12:59

miyamiya407様

この度は、コメントと評価をいただき、誠にありがとうございます。

言い過ぎかもしれませんが、そのような無料セミナーからFPの保険販売への流れは催眠商法のようなものだと思います。しかも説明も滅茶苦茶です。ドルコスト平均法でも損をする可能性はありますし、世界中の厳選した株で運用したとしても大暴落することはあります。また、確定拠出年金もユニットリンク同様に投資信託での運用ができるのでインフレにも当然対応可能です)。個人年金にもインフレ対応可能な商品はあります。

保険会社に連絡したとのことで、miyamiya407様が納得できる結果になることを期待しています。そのFPの説明や勧誘・契約は明らかに問題があるので、ありのままを正確に伝えたら良いと思います。

しかしながら、契約をしたのはmiyamiya407様ご本人ですので、miyamiya407様にも少なからず責任はあります。まだ39歳とのことで老後資金準備を再度考えても十分に間に合います。今後はご自身のご意向に合った方法・商品を合理的に判断できるように多くの選択肢を持つ(視野を広げる)と共に、金融商品の購入や契約をする時には慎重に行なっていただければと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

アクサ生命 ユニット・リンク保険(有期型) miyamiya407さん  2016-09-19 13:08 回答1件
夫婦二人の保険見直し レグルスさん  2015-02-12 20:42 回答3件
アクサ生命のユニットリンクについて ちゃこ424さん  2017-05-23 20:38 回答3件
ジブラルタ生命について ちゃこ424さん  2017-08-27 23:06 回答1件
生命保険の見直しについて(40代・50代) Yu-chanさん  2015-07-05 18:21 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)