扶養内か扶養外で働くか - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養内か扶養外で働くか

マネー 年金・社会保険 2007/09/05 19:39

再度質問です。現在、夫と子供の3人家族で、子供は保育園に通っています。私は、今年4月から扶養を外れて派遣で働いています。週4日勤務で社員の3/4以上の労働時間のため、会社の社会保険に加入しています。今年4月より週4日勤務になったため、今年1月ー12月の年収は132万円くらいです。来年1月ー12月の年収はおおよそ160万くらいになりそうです。
これくらいの収入だと、社会保険の扶養範囲内の130万円に抑え、週3日勤務にした方がいいのではないかと悩んでいます。(ちょうど10月から派遣の更新月なので)週3日にして趣味の時間を持ちたいという気持ちもあります。ただ、近いうちに家を購入予定のため、お金はできるだけ貯めたいのですが、160万円くらいの収入と扶養範囲内で130万に抑えるのとではどのくらいの収入の差があるのでしょうか?
社会保険に加入していると将来の年金が増えると聞きますが、どのくらい増えるのでしょうか?
主人の会社からの扶養手当はありません。私の派遣会社は社会保険完備で有給休暇も年10日くらいあります。
いいアドバイスをいただけますようお願いします。

補足

2007/09/05 19:39

補足です。今後、子供が小学校に上がったら勤務日数を減らし、その分家でカルチャー教室を開きたいと考えています。そのために、今から月に2日ほど、教室を始めようかという思いがあり、仕事は週3日にしようかと思っています。ただ、カルチャー教室はまだ生徒数も少なく、ほとんど収入にはつながりません。んーー。悩むところです。

とらさんさん ( 岐阜県 / 女性 / 36歳 )

回答:3件

阿部 雅代

阿部 雅代
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅の購入をする予定なら。

2007/09/06 09:13 詳細リンク

とらさん様、初めまして。
ファイナンシャルプランナーの阿部雅代です。

現在、保育園にお子さんを預けて、お仕事をされているのでしたら、扶養家族になることを考えずに、収入のアップを目指してください。

住宅の購入をする予定があるのでしたら、まず、できるだけ頭金を多く確保することが、最重要課題です。
損得勘定をしている場合ではありません。
住宅ローンという「借金」をできるだけ少なくすることが、今後の家計収支にとって、いかに重要であるかを認識しましょう。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


ファイナンシャルプランナー

- good

何を優先しますか?

2007/09/06 10:30 詳細リンク

とらさん、こんにちは。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

まず税金に関しては125万円〜130万円未満の場合は配偶者特別控除が16万円あります。
160万円の場合はありませんので、年間16万円の10〜20%程度ご主人の税金が増えます。

社会保険料に関しては160万円⇒月13.4万円とすると厚生年金9810円、健康保険5494円位です。15000円ほど天引きされることになりますね。事業主も同じ保険料を払ってくれることになります。

将来もらう年金は、130万円以内の場合は国民年金+以前会社勤めの分の厚生年金分ですが、130万円を超えて働く場合はその分の厚生年金が上乗せされます。
厚生年金は(非常にアバウトですが)給与の平均の0.75%×加入月数くらいです。

具体的にどれくらいと言う提示はできませんが、ご自身で試算してみてください。

現在せっかく扶養を外れてお仕事されているのに、ここで後退するのはもったいないし、できれば頭金はたくさんあったほうがいいですね。

でもお子さんのこともありますし、それを最優先に考えていいのではないかと思います。
子どもはあっという間に大きくなりますからね。今を大切にすることもいいことだと思いますよ。

その分あとでたくさん稼げば取り戻せます。

経済的に困っていなければ何を優先するかで考えてもいいのではないでしょうか?


株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/


納得のいく結論を

2007/09/06 13:44 詳細リンク

はじめまして、とらさん様。
社会保険労務士、CFP(R)の牛尾理です。

?手取月額を、年収130万円扶養の範囲と年収160万円社会保険加入の2条件で試算してみました。税理士法に抵触するため、具体的な税額を表示することはできません。ご了承ください。保険料率は今日現在のもの、健康保険は政府管掌健康保険としました。

年収130万円の場合、月額108,000円と仮定。
保険料:雇用保険(保険料率1,000分の6)108,000×6/1000=648円
手取額(税込):108,000−648=107,352円

年収160万円の場合、月額133,000円と仮定。標準報酬月額134,000円。
保険料:雇用保険(6/1000)133,000×6/1000=798円
厚生年金保険(73.21/1000)134,000×73.21/1000=9,810円
健康保険(41/1000)134,000円×41/1000=5,494円
手取額(税込):133,000−(798+9,810+5,494)=116,898円

年収160万円の場合が月額約9,500円多くなります。

補足

追記です。

?将来の年金ということですので老齢年金について考えてみます。

とらさん様の生まれ年ですと老齢厚生年金と老齢基礎年金ともに65歳からの受給となります。老齢基礎年金は報酬とは関係ありませんので省略します。

老齢厚生年金の金額は以下の式で計算されます(平成19年度)。
平均標準報酬(月)額×生年月日に応じた率×被保険者期間の月数×1.031×0.985

式の中に「被保険者期間の月数」が含まれていますので、厚生年金保険に加入する期間が長いほど年金額は増えます。

しかし、年収160万円だったら年金額はいくら増えるのか、という試算はできません。なぜなら、今現在受けられる年金額がわからないので比較できないからです。なぜわからないかというと平均標準報酬(月)額がわからないからです。

平均標準報酬(月)額は簡単にいいますとこれまで厚生年金保険に加入された期間、これから厚生年金保険に加入される期間で支払われた標準報酬額の平均値です(平成15年度以降は賞与も加算されます)。

ですので、160万円を12ヶ月で割って得た標準報酬月額134,000円をあてはめて計算しても意味がありません。

現在は50歳以上でないと年金見込み額はわかりません。今後、年金制度改革で年金額を個人に通知するようなことも言われていますので、それまで待たなければなりません。

試算の結果、手取月額は約9,000円増えるでしょう。将来受ける年金は、加入期間が長くなればなるほど増えます。

試算結果では、とらさん様が結論を出すには不十分のような気がします。近いうちにご自宅を購入予定ということですので、その際必要な金額やこれから見込まれる収入、支出をキャッシュフロー表に数値化してみることをお勧めします。具体的な数字をみることでご自身が納得して結論が出せるのではないでしょうか。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

新たな社会保険制度になった場合の働き方について ワンちゃんさん  2013-10-26 23:18 回答2件
社会保険の扶養について とらしまさん  2009-07-31 22:40 回答1件
厚生年金?国民年金? やすほさん  2007-02-02 12:55 回答1件
年途中で扶養から外れることについて とっち12992さん  2013-09-15 00:29 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)