社会保険加入についての質問です。 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社会保険加入についての質問です。

マネー 年金・社会保険 2014/11/19 21:43

安藤と申します。
社会保険加入についての質問です。
妻が現在、派遣会社の紹介で2ヵ月の短期アルバイトの契約(契約期間:11月4日から12月26日)で勤務中ですが、会社から2ヵ月間の延長の話がありました。(長期契約ではなく、ただ2ヵ月の延長契約です。)その場合、社会保険を加入すべきですか?もしくは、現在加入されている国民保険のままで大丈夫ですか?

現在の条件です
1.契約期間:11月4日から12月26日(2ヵ月)
2.契約延長期間:1月5日から2月27日(2ヵ月)
3.勤務時間:月~金(1日7.5時間)
4.現在の保険:国民健康保険

宜しくお願いします。

andotoraさん ( 東京都 / 男性 / 44歳 )

回答:1件

国民健康保険加入者の場合

2014/11/20 14:02 詳細リンク

安藤様 再度のご登場、歓迎します。ありがとうございます。

税理士の柴田です。

ご質問にお答えします。

今、奥様が国民健康保険に加入されているとすれば、継続された方が有利です。

国保は、平成25年の収入に基づいて、26年度(26年4月~27年3月)の保険料

が通知され、毎月それに基づいて納付されていると思います。

その関係で1月、2月分について勤務先を通じて健保組合に加入すると国保と

重複して支払うことになります。

税金と違って健康保険は、還付になりませんから、もし過大に納付してしまった

場合、所得から差し引いて年末調整(又は確定申告)を行なう必要があります。

また、来年になって3月以降も勤務するような場合、再び国保か健保かの選択

を迫られることになりますが、27年4月以降の国保の金額は、26年中の所得

によって決定されます。その金額と健康保険料の予定額とを比較してして有利

な方を選択したほうがいいと思います。

27年4月以降に健保と国保の通知が重複してくるようなことがあったら、国保

の支払を止めるとよいと思います。


ご参考になれば幸いです。

柴田博壽税理士事務所

e-mail : shibata-hirohisa@tkcnf.or.jp

http://shibata-zeirishi.tkcnf.com/pc/

保険料
国民健康保険
健康保険
年末調整
確定申告

回答専門家

柴田 博壽
柴田 博壽
(東京都 / 税理士)
所長
03-6425-7440
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

親身になってあなたの悩みにお応えします。

FP税理士としてあなたに最適なプランをご提供します。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

失業保険と再就職手当 社会保険任意継続 ももみけさん  2017-05-24 10:29 回答1件
健康保険料、年金、確定申告について。 amaguri106さん  2017-01-19 18:53 回答1件
社会保険について えっっっちゃんさん  2016-11-06 21:48 回答1件
年度の途中で扶養を抜ける場合について じぇにさん  2016-01-07 22:37 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

これで安心。確定申告書事前チェックサービス

ちょっと待って。申告書提出その前に!

木下 裕隆

木下裕隆税理士事務所/有限会社TAC

木下 裕隆

(税理士)

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

電話相談

年収400万円からの安心住宅購入術(提案書付)

年収400万円台の方の、無理のない住宅購入に向けた『資金計画』をアドバイスします。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 キャッシュフロー表作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)