結婚後の生命保険と医療保険について - 生命保険・医療保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

結婚後の生命保険と医療保険について

マネー 生命保険・医療保険 2014/07/06 23:54

今年結婚を機に生命保険と医療保険の加入を考えています。
一様分からないなりに本などを読んで考えてみました。

1、生命保険(死亡保障)
結婚後に、
終身保険
(整理資金目的 葬儀費用等の為に)

子供生まれたら、
定期保険
20年タイプ
子供が成人するまで入る。

質問1
保険金額は、いくらに設定すれば良いですか?(500万円、1000万円、2000万円、3000万円)
また、妻は生命保険に加入したほうがいいのでしょうか?
加入した方が良い場合、どのタイプの保険が良いのでしょうか?


2、医療保険
入院給付金10000円プラン
(終身払い)
医療用ガン外来治療特約入ることによってがん保険に入らなくてもいいと考えています。

質問2
三大疾病による収入の減少の備えに保険料が免除になる特約に入った方が良いのでしょうか?


年齢28歳(妻26歳)
年収400万円
(妻はパート)
今後子供2人作る予定。

皆様のご意見やおすすめな方法があれば教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

ミシェル9176さん ( 愛知県 / 男性 / 27歳 )

回答:2件

釜口 博 専門家

釜口 博
ファイナンシャルプランナー

- good

将来のリスクプランニング

2014/07/07 17:50 詳細リンク

ミシェル9176 様

この度はご質問をいただきまして、ありがとうございます。
保険実務に強いファイナンシャルプランナーの釜口でございます。
http://www.bys-planning.com

ご結婚前に、将来の保障プランをお考えになられているミシェル9176様
のリスクプランニングに対する意識の高さが素晴らしいです!

質問1
保険金額は、いくらに設定すれば良いですか?(500万円、1000万円、2000万円、3000万円)
また、妻は生命保険に加入したほうがいいのでしょうか?
加入した方が良い場合、どのタイプの保険が良いのでしょうか?
⇒お子さんができた後の定期保険の保険金額ですが、
概算で考えれば、お子さん1人にかかる教育費+生活費で約3,000万円
お二人で、約6,000万円
それに対して、遺族年金が約3,500万円(末子ご誕生後にミシェル9176様が
死亡されたと仮定した場合であり、中高齢寡婦加算含む)。
定期保険でしたら、2,500円程度の保険が必要になるという計算になります。

ただ、お子さん誕生後に検討されるのでしたら、定期保険よりも収入保障保険の方が
合理的です。
お子さんお二人でしたら、収入保障保険金額を月10~15万円程度にします。
2,500万円の定期保険よりも保険料は安くなります。

終身保険の保険金額ですが、確保されるのであれば、200万円~300万円が妥当です。
ただ、終身保険は保険料が高くなりますし、インフレの可能性なども考慮すれば、
優先順位は低くてもよいかと思います。

奥様の死亡保障の必要性ですが、奥様の死亡によりミシェル9176様が経済的
厳しい状態になるかどうかでご判断ください。
保険は経済的な補てんが基本的な考え方です。
経済的補てんの必要性がなければ、保険は加入しなくてもよいわけです。

質問2
三大疾病による収入の減少の備えに保険料が免除になる特約に入った方が良いのでしょうか?
⇒保険会社によりますが、保険料は軽微です。
保険は万が一のために経済的補てんが基本的な考え方ですから、
この特約は付加するのが賢明です。


ご不明な点がございましたら、お問い合わせください。
http://www.bys-planning.com/

保険料
インフレ
収入保障
遺族年金
教育費

回答専門家

釜口 博
釜口 博
(ファイナンシャルプランナー)
BYSプランニング ファイナンシャルプランナー

お客様喜んでもらうことが、私の最大の幸せです!

お客様に喜んでもらう!お客様に得してもらう!お客様にホッとしてもらう!以上3つを信条としています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
井浪 啓之

井浪 啓之
保険アドバイザー

- good

結婚後の補償について

2014/09/18 18:27 詳細リンク

若干、日数が経ってしまっていますが参考になればと思います。

1.死亡についてですが、整理費用、葬儀費用等について、
ご自身がどのようなものが具体的にかかるかを考えてみてください。
葬儀に対する考え方や実際に行われる規模、お墓についての有無やそもそもの購入について。
考えれば必要かそうでないかで金額は変わってきます。
そういった内容を実際にお聞きして、お話させていただくのが我々の仕事でもあるのです。
どのようにお考えでしょうか?
また、葬儀に対する費用や整理費用などについては、少額短期保険や保険類似商品で
まかなうこともできますので。

2.奥様の保険加入も考え方によるかと思います。
奥様の収入や今後の影響力、上記1で記載したように葬儀等の費用も考えると0でいいのか
どうか。
家族葬で執り行うなら貯金や少額短期、もしくはこちらも類似商品で対応できます。

3.医療保険に対する考えも様々です。
おっしゃるように日額で考えるものと、一時金や補填をするものもありますので、組合せでも
十分かと思います。

4.免除の特約は、終身払いならつけておくといいのかもしれません。
ガンにかかる確率が騒がれる中では、可能性が高い昨今は免除になる可能性も一つですから。

※全体的に情報の聞き取りができていないので、きちんとした合わせたお話ができませんが、
一度、お近くの保険取扱者やFPに相談するのをおすすめします。
保険も万が一の部分だけではなく、人生のトータルで考えないと片手落ちです。
生きている間、老後についてのお金の知識をきちんと入れた上で話のできる家庭の味方を
どなたかつけられることを願っております。

葬儀
老後
補償
医療保険
貯金

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

夫婦二人の保険見直し レグルスさん  2015-02-12 20:42 回答3件
現在入っている生命保険・医療保険について なやみますよさん  2015-05-31 07:51 回答2件
50歳台の保険見直しこれで良いの toshi217さん  2014-01-20 01:49 回答4件
生命保険見直し おつるちんさん  2015-01-03 00:26 回答1件
生命/医療保険の加入と資産運用 ここのとーさんさん  2010-03-24 01:00 回答4件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

その他サービス

安心、らくらく、納税管理人代行サービス

非居住者で確定申告が必要な人は納税管理人の選定が必要になります。専門の税理士にお任せ下さい。

大黒たかのり

大手町会計事務所

大黒たかのり

(税理士)

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(老後のお金の不安解消アドバイザー)
対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)