社会保険料を抑える方法につきまして - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

社会保険料を抑える方法につきまして

マネー 年金・社会保険 2012/12/10 00:14

現在、契約社員で仕事をしており
国民年金、親の扶養で国民健康保険に加入しています。
月額計3万円程度です。

ただ先日、契約している会社から、
長期契約だと強制的に社会保険に加入しないといけないといわれました。
約60万近くの契約金をもらっており全額契約金から減額されるそうです。
社会保険料の金額が16万程度になり、所得税が4万6千円程度で
計20万が引かれ、給与が40万になってしまいます。
社会保険料を合法的に少なくする方法はあるのでしょうか。

たやんやんさん ( 兵庫県 / 男性 / 29歳 )

回答:2件


ファイナンシャルプランナー

- good

社会保険料は会社と折半です

2012/12/10 05:52 詳細リンク

たやんやんさん、はじめまして。
株式会社くらしと家計のサポートセンターです。

社会保険料を合法的に安くする方法というものはありませんが
提示されている社会保険料は事業主負担分も合わせた金額のようです。

健康保険料、厚生年金保険料、雇用保険料は事業主と折半となっていて
自己負担はその半額です。

つまり60万円の給与に対しての本人負担分は
健康保険 29500円、厚生年金48415円 雇用保険3000円
合計80915円という試算がでました。

健康保険料は所属している会社によって若干の差はありえますが
16万円というのは考えられません。

事業主負担分も払う必要はありません。
再度確認してみましょう。




株式会社くらしと家計のサポートセンター
http://www.fpwes.com/

社会保険
厚生年金
健康保険
事業主

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
松山 陽子

松山 陽子
ファイナンシャルプランナー

- good

社会保険の加入を前向きに捉えましょう

2012/12/10 18:51 詳細リンク

たやんやんさん 初めまして
FPの松山陽子と申します。


60万円の人の社会保険料は、確かに16万円程度となりますが、半分は会社が負担しなければならないことになっています。

もし、勤め先が「会社負担分もあなたが負担するように」と言ったら、これは違法なのですが、今のご時世、「気に入らないならやめろ」と言われてしまうかもしれませんね。

違法であることに百歩譲り、あなたが会社分も負担することに承諾すれば、会社はその分、あなたの報酬を減額する方法を取るでしょう。

なぜなら60万の給料で16万引くと、誰が見ても違法になるから。だから最初から報酬は53万と届けて、会社が7万負担、あなたが7万負担という形をとると思います(53万の社会保険料は約14万円です)。

所得税46000円は、60万円に対する税額です。社会保険料を負担すると、それを差し引いた金額に対して課税されます。

見かけ上、給料が53万、社会保険料が7万なので、差引46万に課税され、22500円程度となります。

つまり手取りは437500円となるわけですね。

あくまでも会社のやり方は違法なのですが、その条件を呑むならこのくらいの金額になります。

ただ、これまでの国民年金・国民健康保険から、社会保険に変わることでメリットはたくさんあります。

まず、将来受け取る年金が増えること。もし病気でしばらく休むようなことになれば、傷病手当金として給料(53万で計算されますが)の約2/3が支給されます。

事故などで障害者になった場合も、厚生年金に入っている方が、軽い障害でも支給の対象になりますし、報酬が高い方が支給額が多くなります。

また現在の報酬なら、国民健康保険料もかなり跳ね上がります。

仮に53万円に減らされても、あなたの年齢なら決して悪い仕事ではありません。理不尽に思うでしょうが、ここは前向きに考えてください。

書かれたことが杞憂で、ちゃんと会社が半分出してくれるというなら、60万円から社会保険料8万と、所得税32000円程度引かれて、手取り488000円ですね。

そうであることを願います。

不明なことがあれば、またご質問くださいね。

報酬
年金
傷病手当
厚生年金
健康保険

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

パート収入と国民健康保険について。 おおくまさん  2008-11-13 16:52 回答2件
社会保険の加入資格がない場合 ケイケイさん  2008-12-15 00:25 回答3件
内縁の夫婦で自営業の場合の保険と年金 shougasenbeiさん  2013-07-26 14:20 回答1件
育休中の扶養について うおさん  2011-08-08 20:05 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)