気分変調性障害に関してのセカンドオピニオン - 心の不安・性格改善 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

気分変調性障害に関してのセカンドオピニオン

心と体・医療健康 心の不安・性格改善 2010/12/10 00:36

以前「精神疾患・心理カウンセリング」のカテゴリで質問していましたが、
回答が付きませんでしたのでカテゴリ違いの可能性を考え、こちらで再質問いたします。

数年来鬱気味な傾向で心療内科に通院しています。
時折大きく落ち込んでは小康状態に戻る感じで、
医師からは「性格的なものだからすっかり晴れるというわけにはいかないだろう」
と言われています。
ただ、最近「気分変調性障害」というものを知り、
どことなく当てはまりそうな気がしています。
というのは、こうした鬱気味な傾向は、思い返してみると
7歳頃から断続的に続いてきているからです。
もっとも、特に鬱気味な傾向を気にせず生活できていることも多く、
素人判断でもあり実際のところよく分かりません。
一度セカンドオピニオンを求めてみたいと思うのですが、
聞くところでは「気分変調性障害」を病気として捉える見方自体新しいということで
「気分変調性障害」に詳しい方の診断を受けることができるかどうか悩んでいます。
現状で、セカンドオピニオンを求める意義はあるでしょうか?

一度「気分変調性障害」に詳しい方に尋ねて、
やはり性格だということになれば、きっぱり諦めるよりないとは思っています。
なお、医師からは「単極性感情障害」と診断されているようです。

tossieさん ( 兵庫県 / 男性 / 36歳 )

回答:1件

シェシャドゥリ(福田)育子 専門家

シェシャドゥリ(福田)育子
メンタルヘルスコンサルタント

3 good

選択肢・・・

2010/12/12 10:28 詳細リンク
(5.0)

はじめまして tossie様。

メンタルヘルスコンサルタントの 福田育子と申します。

「単極性感情障害」も「気分変調性障害」もアメリカ精神医学会の定めたDiagnostic and Statistical Manual of Mental Disorders(DSM)の中にある病名です。ですから「病気として捉える見方自体新しい」というのは もしかしたら「日本で知られるようになったのが新しい」という意味かもしれません。

DSMは1952年に発表されて以来、5回の改訂を重ねていますが 現在のDSM-IV-TRは2000年に改定されたものです。「気分変調性障害」(Dysthymic Disorder) は1994年のDSMには既にあったというところまでは調べられましたが それ以前までは調べられませんでした。このことから15年以上の経験があられる方であれば 診断は可能ではないかと思います。

私も「うつ症状」を体験しています。私は「薬では治らないだろう。」と思いました。性格が影響している、と体で感じたからです。そして 解決方法を模索するうちに アドラー心理学の「勇気づけ講座」に出会いました。EMDRセラピーに出会った今は EMDRセラピーで「小さなトラウマ的な出来事」から解放された後、「勇気づけ」講座の内容を実践することによって性格を変えられる、と思っています。
(自分では「単極性感情障害」に分類されるだろう、と思っていましたが カウンセリング心理学をアドラー心理大学院で学ぶ中で「適応障害」だと、教授から指摘を受けました。)

私の場合は「勇気づけの実践」だけでしたので「幸福感」を感じることができるようになるまでは時間がかかりました。
「性格だと諦めて生きて行く」「もっと楽しく残る人生を生きられるよう、可能性のあることには挑戦する」など、選択肢は考えられると思いますが いかがでしょうか?

ご質問にお答え出来たか分かりませんが、tossie様の36才という若さで「諦めて・・・」が気になったので回答させて頂きました。
(私がうつ症状になって「性格改善」に取り組んだのは40代半ばでした。)

tossie様のご回復をお祈り致しております。

適応障害
カウンセリング
性格改善
人生
診断

評価・お礼

tossieさん

2010/12/13 21:38

回答ありがとうございます。
参考にさせていただきます。

シェシャドゥリ(福田)育子

2010/12/14 10:06

tossie様

御礼のお言葉と評価、ありがとうございました。

コラムに「うつ病になる3つのタイプ」を書きました。
お時間がおありでしたら 読んで頂けますでしょうか?
回答を補足する意味もあって書きました。

お大事になさって下さいませ。

回答専門家

シェシャドゥリ(福田)育子
シェシャドゥリ(福田)育子
(千葉県 / メンタルヘルスコンサルタント)
松戸こころの相談室 メンタルヘルスコンサルタント
047-701-7668
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

不登校・うつ症状・PTSD等の早期改善とご家族へのサポート

私は自分のうつ症状を アドラー心理学の実践で脱しました。あなたをEMDR、ブレインスポッティング、ソマティックエクスペリエンス、エリクソニアン催眠、USPT、ホログラフィートークを含むセラピーで、ご家族はアドラー心理学でサポート致させて頂きます

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

こんなことで病院に行ってもいいのでしょうか えむちゃんさん  2019-12-03 02:02 回答2件
どうすれば良いのか・・・ babymoonさん  2008-08-31 16:44 回答1件
パーソナリティ障害なのでしょうか? ねこ88ねこさん  2008-06-29 03:43 回答1件
長年の過食症について IKUMIさん  2007-12-11 18:34 回答1件
精神疾患を持つ友人との付き合いについて ワコさん  2007-11-29 19:37 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

セミナー

「体と心の声を聴く」 フラワーエッセンスワークショップ

ワイルドフラワーエッセンスの耳ツボセラピー&ハートの瞑想

本多 由紀子

OFFICE LAMP

本多 由紀子

(ホリスティックケア セラピスト)

対面相談

対面カウンセリング初回60分 【女性限定】

あなたの絶対的な味方になります。どうぞ安心して何でもお話しください。

藤井 雅子

メンタルエステ ココロの部屋

藤井 雅子

(心理カウンセラー)

対面相談

潜在意識から悩みの核を見つける「花カード診断法」120分

ワイルドフラワーエッセンス・パーソナルコーチング

本多 由紀子

OFFICE LAMP

本多 由紀子

(ホリスティックケア セラピスト)

電話相談 ネガティブは 武器になる!
丸本 敏久
(心理カウンセラー)