扶養家族について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

扶養家族について

マネー 年金・社会保険 2010/09/08 19:16

こんにちは。

私は 今年の5月まで社員として勤務していました。
6月~同じ職場でアルバイト勤務(月給8万)に切り替えての勤務を現在もしています。

5月に一度退職手続きをして
その書面を旦那さんの会社に提出することで
すぐに旦那さんの扶養家族になれました。


ですが
今年5月まで社員として働いていた収入は
5月時点で約98万円。

6月からのアルバイト収入をプラスすると
今年の年収は130万以上になります。

この場合、来年1月からは
扶養家族から外れるのでしょうか??

教えてください。

megumi0730さん ( 愛知県 / 女性 / 30歳 )

回答:1件

清水 正彦

清水 正彦
社会保険労務士

- good

退職後被扶養者の要件を満たしていれば外れません

2010/09/22 20:18 詳細リンク

「扶養」という言葉(法律上の表現を含めて)について、整理しましょう。
「国語的な解釈」・・世話をし、養うこと。
「税法でいう控除対象配偶者」・・課税上他の要件は別として、1年間の合計所得金額が38万円以下。
「健康保険法・厚生年金保険法でいう被扶養者」・・認定上他の要件は別として、年収130万円未満。 となります

来年1月からは扶養家族から外れるのか? についてですが、あなたの言わんとすることは、「今年の年収が130万円以上となるので、社会保険の被扶養者として認定されないのではないか」ということだと思います。

所得税は今年1年間の収入に基づいて課税計算をします。ですから給与収入が130万円となれば、他の条件を無視すれば課税されます。

社会保険(健康保険・厚生年金保険(国民年金))については、判定基準は年収130万円未満ですが、あなたのように年の中途で退職して被扶養者として認定されているとのことですので、退職後の年収が基準を満たしていれば、扶養家族として取り扱われます。

補足

同じような質問で、数字を上げて「どうしたら自分に有利であるか」といった趣旨のものが散見されますが、税法と社会保険との扱いの違いを理解されているのか不明の部分があることと、第三号被保険者となった場合現在の保険料負担と将来の年金給付をどう考えるかということで、回答に躊躇するものがありました。
が、質問者は、「こういう現状だけれども、来年はどうなるか」という的を絞った質問でしたので、本文中では建前を書きましたが、大丈夫です。引続き被扶養者として取り扱われます。

中途
退職
国民年金
厚生年金

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

扶養内での働き方について momsappleteaさん  2015-10-26 11:08 回答1件
社会保険の扶養条件について H/Yさん  2015-10-14 22:03 回答1件
退職後の扶養家族について だいふくねこさん  2014-03-20 12:02 回答1件
産休後、一時的に短時間勤務を行った場合について 奈緒子さん  2010-10-06 12:44 回答1件
国民年金、健康保険について。 sleberoseさん  2010-09-10 01:18 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

独立系FPによる住宅購入個別相談【大阪】

購入する前の方のあなたにあった資金計画は必須です

岡崎 謙二

株式会社FPコンサルティング

岡崎 謙二

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(老後のお金の不安解消アドバイザー)

対面相談 個別相談会
植森 宏昌
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 正しい生命保険の選び方
小島 雅彦
(保険アドバイザー)