ご質問にお答えします。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

田中 徹正

田中 徹正
リフォームコーディネーター

- good

ご質問にお答えします。

2017/02/04 14:57
(
5.0
)

はじめまして、トーシンリフォームの田中と申します。
ご指名でのご質問ありがとうございます。


早速ですが私の意見を述べさせて頂きます。

先ずは、130平米の屋根の概算見積りを考えます。

屋根を塗装ならば、足場工事や下地処理等を含めて、シリコン塗装で50万円~60万円ではないかと思います。
屋根をカバー葺きするならば、横葺きのガルバリウム鋼板を使って、90万円~110万円といった所かと思います。
50万円の差額との事ですので、金額的には妥当なのではないかと想像します。

では、どちらの工法を選定するのが良いかという事は、実際に見てみなければ判断できませんが、弊社では築20年を超えているお宅に対してカバー工法は薦めません。
費用は掛かりますが、屋根工事は葺き替えが基本です。
古い屋根は剥がして、下地確認し、腐食部分を直して、新しい防水紙を貼り、新しい屋根を葺く。これが理想的な工事です。130平米ですと120万円~140万円が目安です。

下地の木材を交換や補修をしないというのが、好ましくない状況であることが多いと思いますので、慎重にお考えになられた方がよろしいと思います。

場合によっては塗装でも大丈夫だと思います。
但し、耐久年数としては10年位が限界でしょうし、屋根の古さから考えて、塗装前の補修をしっかりと行ったとしても、10年以内に雨漏りが発生する可能性は高めだと思っておいた方が良いですね。
塗装は屋根材の保護にすぎず、防水工事ではありませんので。

その家にあと何年住むつもりかによって考えも変わってくると思います。
10年後に建て替えをお考えであれば塗装。
15年以上住むご予定であれば葺き替え。(ご予算等によりカバー工法)
というのも一つの考え方だと思います。

最後に、雨漏りは起こしていないとの事ですが、室内に水滴がたれるような雨漏りは末期の雨漏りです。
屋根裏や下地の木材などまでは雨漏りが来ているかもしれません。
現場調査の段階でしっかりとした調査をされる事をお勧めします。

お住まいが東京都との事ですので、弊社の工事エリア内かと思います。
本気でお考えであれば、お問い合わせ下されば、直接対応させていただきます。
(電話番号 0120-775-388) 

良い工事になる事を心より祈念いたします。
株式会社トーシンリフォーム 代表取締役 田中徹正


お気軽にお問い合わせ下さい!
【 ウェブ http://www.ts-rf.jp 】 【メール info@ts-rf.jp 】

カバー工法
葺き替え
リフォーム
塗装
雨漏り

評価・お礼

Tibitanukiaaa さん

2017/02/04 21:19

早速の回答ありがとうございます 費用とあと何年か住むかという判断がありますが20年以上は住みたいと考えています。本気で考えていますので迷惑でなければご相談したいと思います 実行の時期はもう少し先になるかと思います 屋根の持つ状態の報告にもよりますが悩んでおります ありがとうございます

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

塗装かガルバのカバー工法か悩み

住宅・不動産 リフォーム・増改築 2017/02/03 19:35

築29年でコロニアルの屋根があり屋根の見積もりので塗装出きるという人とガルバの人といます それぞれの特徴は聞いていますが 多少苔が出ているので塗装で持つものか
カバーできるうちにやっておい… [続きを読む]

Tibitanukiaaaさん (東京都/67歳/男性)

このQ&Aの回答

屋根塗装かカバー工法の悩みについて 神奈川・東京塗装職人(リフォームコーディネーター) 2017/02/04 09:45

このQ&Aに類似したQ&A

屋根の補修 のぶながさん  2014-08-27 02:04 回答2件
屋根裏小屋(ロフト)の撤去と屋根勾配の変更 ieie2017さん  2017-01-18 13:11 回答1件
鉄筋コンクリート住宅の屋上の防水について 鉄筋ってさん  2016-09-28 23:07 回答1件
木造住宅の屋根のリフォームについて pprrさん  2016-04-19 09:01 回答3件