お正月明けからのカラダ改造計画第一弾-身体の歪みを整える - ピラティス全般 - 専門家プロファイル

太田 律子
ゴルコア 代表 ゴルフピラティスインストラクター
東京都
ゴルフピラティスインストラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ヨガ・ピラティス

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

お正月明けからのカラダ改造計画第一弾-身体の歪みを整える

- good

  1. 運動・スポーツ
  2. ヨガ・ピラティス
  3. ピラティス全般
ピラティス

こんにちは。ゴルコア代表/ゴルフピラティスインストラクターの太田です。

 

年末からお正月にかけてしばらく身体を動かしていない・・・という方もいらっしゃると思いますので、今日は背骨の柔軟性アップを目的としたピラティスをご紹介したいとおもいます。

 

スタンディングロールダウン

1.  足幅は肩幅で立位になります。骨盤はニュートラルポジション。

2.  鼻から息を吸って口から息を吐きながら頭を下ろし、肋骨を絞め、おなかは背中の方に引き込みながら、背骨を一つ一つ動かしながら上半身を前に倒していきましょう。上半身の重みで背骨をしなるのを感じます。

3.  下までいったら息を吸って、口から息を吐き、お腹を天井につきあげながら、鋼板を立て、さらに背骨を一つ一積み上げるイメージで起きあがってきましょう。積み上げた背骨の上に最後に頭を乗せて元の位置に戻ります。。

4.  ここまでで1回、5~10回くりかえしましょう。

 

このエクササイズの目的は背骨の柔軟性アップとアーティキュレーション(背骨を整える)です。

体幹部を鍛えていくにも、まずは背骨を正しい位置に整えて、さらに柔軟性を高めてから行うとより一層効果が高まります。

また、上半身を前に倒す時も、起き上がるときもお腹を使っていますのでお腹にも効果があります。

さらに上半身を前に倒して起き上がるときに体重をつま先側に乗せると腿の裏(ハムストリング)のストレッチにもなります。

ゴルファーの方には是非ラウンド前の準備運動とラウンド後のクールダウンとして行っていただきたいエクササイズです。

 

コラムに関するお問合せその他全て、下記までお待ちしております。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ゴルフピラティススタジオ「Golcore(ゴルコア)」

場所:東京都港区芝大門1-4-7アルファビル602

都営浅草線・大江戸線大門駅から徒歩2分 JR山手線・京浜東北線浜松町駅から徒歩5分

TEL/FAX: 03-6809-2626
お問い合わせ先:info@golcore.com (@は小文字にして入力ください)

Web:http://golcore.com

このコラムに類似したコラム

ピラティスでもゴルフでも骨盤底筋は必須です!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2012/08/09 00:01)

足のむくみには朝一番の運動ですっきり! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/09/06 20:11)

10月開催決定!! 第2回ピラティス&メンタルゴルフレッスン会 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/08/23 23:03)

ボールを打たない練習-ゴルフピラティス胸椎編 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/10 23:27)

ボールを打たない練習がラウンドで結果を出しました!! 太田 律子 - ゴルフピラティスインストラクター(2013/07/04 10:24)